【東京】築地で歴史にまつわる場所を巡回しよう

東京築地で歴史にまつわるスポットを巡回してみてください。お寺や墓地を巡ったりと、歴史の勉強になって楽しいですよ。

スポンサーリンク

運上所跡・東京税関発祥の地・電信創業の地

東京都中央区明石町14-19 

築地の 「治作」という料亭の入り口に「運上所跡・東京税関発祥之地」の石碑が建っています。あかつき公園の向かいにある公団の植え込みに「電信創業の地」の石碑が建っています。

九条武子歌碑

東京都中央区築地3丁目15-1 築地本願寺

築地本願寺の境内に「九条武子夫人歌碑」が建っています。九条武子は大正時代の歌人で、歌碑には「おほいなるものの ちからにひかれゆく わがあしあとの おぼつかなしや」と書いています。

浅野内匠頭邸跡

東京都中央区明石町10

聖路加看護大学の一角に「浅野内匠頭神邸跡」の石碑が建っています。忠臣蔵で有名な播磨国赤穂藩主、浅野内匠頭長矩の屋敷跡です。

蘭学事始地

東京都中央区明石町9

聖路加病院前の交差点の中に「蘭学事始の地」の石碑が建っています。前野良沢が杉田玄白らと「解体新書」を完成させた豊前中津藩奥平家があった場所です。「蘭学事始」は杉田玄白がその時の苦労を書いたものです。

活字発祥の地

東京都中央区築地1-12-1.

コンワビル南側の角、植え込みの中に「活字発祥の地」の碑が建っています。平野富二がここに 長崎新塾出張活版製造所が設立され(後に株式会社東京築地活版製造所と改称)日本の印刷文化の源泉となった

築地本願寺

東京都中央区築地3-15-1

京都市にある西本願寺の別院として建てられた浄土真宗本願寺派の寺院です。外観はインド様式の石造りになっており、本堂の中を見学する事ができます。本堂にはパイプオルガンがあり月1回コンサートも行っています。

土生玄碩墓

東京都中央区築地3丁目15-1 築地本願寺

築地本願寺に「土生玄碩墓」が建てられています。土生玄碩は江戸時代の眼科医で、眼科医術の進歩に貢献したが,シーボルト事件に連座して禁錮の刑に処せられました。。

蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地

東京都中央区明石町10 

「聖路加病院前」交差点に「蘭学事姶地・慶応義塾開塾の地」の碑が建っています。福沢諭吉が蘭学を教えるための塾を開いた場所です。慶応4年に芝へ塾を移して、その時の年号をとって慶応義塾と名付けました。

築地小劇場跡

東京都中央区築地2-11

みずほ銀行築地支店の壁面に「築地小劇場跡」の碑がはめこまれてあります。小山内薫、土方与志らが写実的演劇を目指し設立した築地小劇場の跡地です。

指紋研究発祥の地

東京都中央区明石町8先

聖路加ガーデン近くの歩道上の緑地に「指紋研究発祥の地」の石碑が建てられています。指紋は人を特定でき、個人認識に利用できることを発見したヘンリー・フォールズの住居跡地に建てた石碑です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/12/05 更新