【東京】身近な東京を散策(カメラと一緒に!おすすめコース)

身近な東京を散歩をしながら写真に収めよう。何気なく通過するいつもの場所に少し立ち寄るだけで、今までとは違った発見ができるはず。

スポンサーリンク

霊厳寺

東京都江東区白河1-3-32

東京メトロの清澄白河駅から5分の場所にあるお寺で、身近に感じる事のできる六地蔵像をお参りしに出かけたくなります。

勝鬨橋

東京都中央区築地6丁目、勝どき1丁目

勝った時にあげるかちどきがゆらいの橋で跳ね橋になっています。 全長は約250m、その両側22mが跳ね上がる様子は、子どもと一緒にたのしみたくなります。

紙の博物館

東京都北区王子1丁目1-3

古今東西の紙に関する資料をたくさん集めて展示している博物館で、紙の製造工程やリサイクルの流れなどを楽しく学ぶこともできます。

台東区立下町風俗資料館

東京都台東区上野公園2番1号

不忍池近くにある博物館で、一階には大正時代の雰囲気を再現した駄菓子屋さんもあるので、歴史に興味が無い人でも楽しめそうです。

新宿野村ビル

東京都新宿区西新宿1-26-2

野村不動産が経営しているびるで、テナントのほか飲食店やコンビニなどが入っています。 50階には展望ロビーもあるので、東京観光の途中によってみるのも良いですね。

明治大学博物館

東京都千代田区神田駿河台1-1

入場無料なので学生でなくても入れる博物館で、刑事部門には有名な拷問道具等を見ることもできます。 ぜひ、近くに行った時に学生気分で訪れてみたいものです。

カトリック築地教会

東京都中央区明石町5-26

東京で比較的早い段階から日本人の為に開かれていた教会で、区民文化財にも指定されています。 そのうつくしい建物を見に行くだけでも、清らかな気分になりそうです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/11/27 公開