【東京】歴史を知るならおすすめの散策スポット

お寺や歴史的人物に関係の深い場所を紹介します。散歩しながら歴史を学べるスポットが盛りだくさん!行ってみるのがおすすめです。

スポンサーリンク

慈光院

東京都墨田区横網1-7-2

関東大震災の追悼の場として、また残された者の心のより所として建立された築地本願寺の分院。幼稚園も併設され、地域の人にも開かれた寺院。

平賀源内エレキテル実験の地

東京都江東区清澄1-2

エレキテル(摩擦起電器)の実験で有名な電気学者の平賀源内の自宅があった場所。源内は科学者としてだけでなく文人など多才に活躍した。

隅田公園

東京都墨田区

墨田川沿いにあり桜の名所として有名。また夏には隅田川花火大会が行われる。公園内の庭園は水戸徳川邸内の池等、遺構を利用して造られている。

横綱力士碑

東京都江東区富岡1-20-3

江戸勧進相撲発祥の地である富岡八幡宮に建てられた歴代横綱を顕彰する碑。新横綱誕生の際には刻名式がおこなわれる。

霊山寺

東京都墨田区横川1-3-22

1601年に駿河台に建立された寺院で、浄土宗の壇林(僧侶の養成機関)、関東十八壇林のひとつ。湯島に移転後、現在地に遷った。

名水白木屋の井戸

東京都中央区日本橋1-6 COREDO日本橋アネックス広場

呉服の大店「白木屋」は近江商人大村彦太郎が創業、のちに東急百貨店となる。この地にかつてあった井戸は「白木名水」と広くうたわれた。

江島杉山神社

東京都墨田区千歳1-8-2

鍼術の神様、杉山和一検校が五代将軍綱吉公の難病を治療した功により土地を拝領し、神奈川県藤沢市の江ノ島弁財天を祀る屋城を建立した。

長崎屋跡

東京都中央区日本橋室町4-2

鎖国中、年に一度オランダの一行が江戸に献上に上る際、長崎屋を定宿とした。滞在中のオランダ人と幕府の学者らの学術的な親交の場でもあった。

身延別院

東京都中央区日本橋小伝馬町3-2

江戸時代の伝馬町牢屋跡地に、身延山久遠寺七十三世・新居日薩師が発起人となり明治十六年に創建した日蓮宗寺院。

大観音寺

東京都中央区日本橋人形町1-18-9

江戸時代に鎌倉の「鉄ノ井」から発見された鉄観音像が、明治の神仏分離令によって東京深川の御船蔵前に運ばれ、その後大観音寺に安置された。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/12/01 公開