【東京】歴史散策が楽しめる!人気観光スポット

歴史的名建築を楽しみながら散策できるスポットを紹介します。歴史のことが沢山学べるので子どもから大人まで楽しめます。

スポンサーリンク

河村瑞賢屋敷跡

東京都中央区新川1-8 付近

河村瑞賢(かわむらずいけん)は江戸時代中期の土木家で、安治川、淀川、中津川の治水工事を完成させたり、江戸と陸奥や江戸と出羽の間の海運を開いたことで有名。史跡の多いこの界隈は江戸時代水の都だった。

永代橋

東京都中央区、江東区

赤穂浪士が討ち入りの帰りに渡った橋として、深川八幡祭りの神輿と人とが華やぐ橋として有名です。現在の橋は、大震災復興事業の最初の工事として架け替えられました。

富岡八幡宮

東京都江東区富岡 1-20-3

大相撲発祥の地で、徳川将軍家の保護を受け、庶民にも「深川の八幡様」として親しまれていた。広く美麗な庭園は人気の名所であったという。

映画弁士塚の碑

東京都台東区浅草2-3-1 浅草寺内

無声映画が盛んだった明治・大正時代の活動写真の弁士100余名の名が刻まれた石碑。台東区浅草、浅草寺の新奥山と呼ばれる場所に立っています。

芥川龍之介生誕の地

東京都中央区明石町10 聖路加国際病院前

現在の明石町で近代文豪の芥川龍之介は生を受けました。文学界への登竜門となっている「芥川賞」は、芥川龍之介にちなんで、昭和18年、文藝春秋社が設けた文学賞です。

秋葉神社

東京都台東区松が谷3丁目10-7

秋葉大権現の起源です。秋葉大権現は火伏せの神として広く信仰されており、毎年12月には火祭りが行われている。

東漸寺

東京都墨田区立花6丁目17-4

現在では樹齢300年を誇るしだれ桜や鶴亀の松、参道の梅やあじさい・もみじなど、四季折々の自然に触れ、日本の伝統美を感ずることのできるお寺として親しまれています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/11/29 公開