【全国】天守閣が現存する名城

日本の城のシンボル、天守閣。天守の現存する城は12ありますが、その中でも美しさや趣があり名城と呼ばれる城を集めました。

スポンサーリンク

宇和島城

愛媛県宇和島市丸之内丸之内1番地

こじんまりとしているが実に美しい形をした天守を見る事が出来る。白壁の安定感のある造り。

高知城

高知市丸ノ内1丁目2-1

天守閣だけでなく本丸御殿も含めた本丸部分が、江戸時代の姿を残す全国で唯一の城。天守は古い望桜式。

松江城

島根県松江市殿町1-5

天守からは、松江の美しい町並みや宍道湖を一望することができる。三層の風格ある天守は、「甲冑姿の古武士」とも例えられるそう。黒い下見板の美しい城である。

犬山城

愛知県犬山市犬山北古券65-2

天守は関ヶ原以前に建てられたもので、古風な美しさを残す。国宝四城の1つ。

彦根城

滋賀県彦根市金亀町1-1

天守閣からは、美しい琵琶湖を見下ろすことができる。寺院風の華頭窓、千鳥破風など雅な建築。国宝四城の1つ。

松本城

長野県松本市丸の内4番1号

現存する最古の五重天守。天守の姿は華麗な美しさ。複合式天守は、1955年に大改修されるまではくの字に傾いていたらしい。国宝四城の1つ。

姫路城

兵庫県姫路市本町

世界遺産に認定された名城・白鷺城。大天守を中心とした天守群は荘厳かつ華麗な姿。戦国時代には豊臣秀吉も居城した城。国宝四城の1つ。

関連タグ
関連記事
2012/12/26 更新