【京都】京都のお土産といえば、やっぱり和菓子!

老舗ぞろいの京都の和菓子。どこのお店も魅力的で迷ってしまいそうです。目新しい商品も要チェックしつつ、和を堪能してください。

スポンサーリンク

満月

京都市左京区鞠小路通り今出川上ル

もっちりとした皮にあんこを詰め込んだ阿闍梨餅がメインの商品です。安政三年から続く伝統の味は今でも変わらず人気です。

鶴屋吉信

京都府京都市上京区今出川通堀川西入ル

数寄屋造りの名建築家としても評判高い中村外二氏の設計した店舗で、伝統の京菓子を販売しています。美しい庭を持つ茶室も完備。四季折々の和菓子を愛でられます。

あづま屋

京都市下京区堀川通り七条上ル

京都西本願寺の向かいにある老舗の旅館です。創業約80年を誇るこちらの旅館では、温かいもてなしが尊ばれています。

出町ふたば

京都府京都市上京区河原町通今出川上る青龍町236

少し塩気のある豆餅が人気です。店頭は常に行列状態。程よい食感のエンドウ豆の甘さと大福とのバランスは絶妙です。

十六五

京都府京都市東山区四条通大和大路西入中之町212

祗園の南座前に店舗を構える和菓子屋です。特製のわらび餅は、口の中に入れるととろける食感でお土産に良く購入されています。

松寿軒

京都府京都市東山区松原通大和大路西入弓矢町19-12

こちらの和菓子屋さん、京都のお茶会では重宝されています。季節に応じた茶の世界で伝統の和菓子を販売しています。

俵屋吉富 本店

京都府京都市上京区室町通上立売上ル

代表銘菓は雲龍です。大粒の丹波大納言小豆を炊き上げ、村雨餡とをいっぽんずつ手巻きにして仕上げています。まるで龍が雲に上るような様なのでこの名前が付けられました。

京都嵯峨春秋庵

京都府京都市右京区嵯峨釈迦堂門前裏柳町35-3

まるで京都に咲き誇る花々をイメージした京花ごろもが進物用に最適です。鮮やかな色彩のてまりあられ、豆千鳥、梅粗目など、いろんな味のあられがミックスされています。オシャレな巾着に入っている可愛い商品です。

とらや 京都一条店

京都府京都市上京区烏丸通一条角

しっとりとした口どけの羊羹が定番商品です。厳選した小豆を用いた洋館は、製造から一年の賞味期限と長期にわたる保存が可能になっています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/11/23 公開