【銀座】憧れの名店 銀座・和食編

食材のポテンシャルを最大限に引き出す技、繊細な仕事、奥深い味わい。誰もが憧れる銀座の和の名店をご紹介します。

スポンサーリンク

割烹 中嶋

東京都新宿区新宿3-32-5 日原ビル B1F

食通、北大路魯山人が開いた料亭の初代料理長により創業された、80年以上の歴史を持つ割烹。関西料理をベースにした華やかな料理と、魯山人の作品が楽しめる。

つきぢ田村

東京都中央区築地2-12-11 田村ビル

テレビやお取り寄せでも有名な銀座の名店。昭和の時代から代々受け継がれた本格懐石料理は、甘みや酸味、苦味や辛味などが調和した丁寧でやさしい味付け。

銀座あさみ

東京都中央区銀座8-16-6 ときわぎ館 1F

築地から仕入れたこだわりの食材で提供される懐石料理店。胡麻やナッツ類を使用した濃厚なタレの「鯛茶漬け」は、ランチタイムでも気軽に楽しめる人気の一品。

ぎんざ 一二岐

東京都中央区銀座2-14-6 第2松岡ビル B1F

ミシュランの1つ星を獲得している、13席限定のお店。藁にもこだわった名物「鰹の藁焼き」は、客の目の前で焼き上げられるというライブパフォーマンスも楽しめる。

銀座 小十

東京都中央区銀座5-4-8 カリオカビル 4F

ミシュランの3つ星を獲得した、魚料理がメインの割烹。店名の由来は陶芸家、西岡小十氏によるもの。小十氏が創作した器に盛られた、国産天然鰻の料理がこのお店の看板メニュー。

銀座おかもと

東京都中央区銀座8-3-12 第2銀座コラムビル 5F

京都の名店「和久傳」、東京の名店「麻布幸村」の料理長を経た和の匠、岡本英嗣氏がオープンした懐石料理のお店。既にミシュランの2つ星を獲得している。最高の食材を目の前で芸術的な料理に仕上げる光景は圧巻。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/03/17 公開