【浅草】日本の粋な下町、浅草を散歩しましょう。

古き良き江戸の雰囲気を感じる粋な下町でぶらぶらお散歩。浅草名物をお散歩しながら来て見て味わう素敵なコース。

スポンサーリンク

かなや刷子

東京都台東区今戸2-8-8

浅草を中心に店舗を構えるはけとブラシの専門店。必要にならないとなかなか見る機会のないお店ですが、結構奥が深いんですよ。伝法院通りと仲見世にもあるので、浅草散策に寄ってみたいお店です。

隅田公園

東京都墨田区

隅田川沿いにある公園で、浅草とスカイツリーのちょうど中間にあります。都会の真ん中にありながら、風情ある日本庭園が楽しめるなごみスポットです。

小柳

東京都台東区浅草1-29-11

浅草寺近くで美味しいうなぎを食べたい方におすすめのお店です。関東風の香ばしい鰻が、食欲をそそります。

木村家人形焼本舗

東京都台東区浅草2-3-1

浅草といえば人形焼。その元祖のお店が、こちらのハトのマークのお店です。仲見世の中程にあるので浅草寺の参拝のついでに立ち寄りたいですね。

仲見世通り

東京都台東区浅草2-3-1

日本で最も古い商店街の一つとして、江戸時代から続いています。雷門から浅草寺に続く賑わいを見せる町並みが、浅草には無くてはならないものになっています。

浅草演芸ホール

東京都台東区浅草1-43-12

観光ついでに寄席を楽しむのも楽しみの一つ。こちらは浅草唯一の落語定席で、毎日違った笑いを届けてくれるホールです。

雷門

東京都台東区浅草2-3-1

浅草の顔といえば雷門。元々は942年に建てられたものですが、移築や再建を繰り返しています。観光客の写真スポットとしても馴染み深く、いつも観光客で溢れかえっています。

浅草文化観光センター

東京都台東区雷門2-18-9

浅草観光に悩んだら、ちょっと立ち寄ってみたいのがこの施設。雷門前にあり、観光におすすめのスポットなどを教えてもらえます。

舟和本店

東京都台東区浅草1-22-10

舟和の芋羊羹といえば、今や全国的に人気商品。創業は明治35年、浅草の芋問屋と和菓子職人の手によって作られた伝統ある和菓子です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/11/18 公開