【清澄白河】アートを発信する清澄白河エリアの、おすすめアートスポット

現代アートを牽引する代表的存在・東京都現代美術館のある清澄白河。周辺にも様々なギャラリーや博物館が集い、アートを発信するエリアになっています。アートが好きな方に是非訪れてほしい、おすすめスポットです。

スポンサーリンク

深川江戸資料館

東京都江東区白河1-3-28

この資料館の目玉はなんと言っても江戸時代の町並みを再現した空間。日本人なら一度は行ってみたい資料館です。

Tomio Koyama Gallery

東京都江東区清澄1-3-2-7F

清澄白川駅から歩いて5分の丸八倉庫ビルにある現代アートのギャラリーで、日本や海外の現代美術作家達の個展・企画展を行っています。

Taka Ishii Gallery

東京都江東区清澄1-3-2 5F

1994年開廊の写真を中心としたギャラリーで、世界の有名な写真家を日本に向けて、日本人の写真家たちを世界に向けて紹介しています。

東京都現代美術館

東京都江東区三好4-1-1

日本で最大の広さを持つ美術館で、アンディ・ウォーホール作品のような現代美術や日本の戦後美術などを展示しています。

清澄庭園

東京都江東区清澄2・3丁目

清澄にある東京都の名勝にも指定されている都立庭園。豊かな自然がある都会のオアシスで一息つくことができます。

関連記事
2013/03/19 更新