【伊豆大島】伊豆大島の観光に!絶対行きたい観光スポット15選

東京から一番近い島、伊豆大島。ジェット船では約2時間、飛行機では1時間以内で行け、実は日帰りできちゃう観光スポットなんです。そして伊豆大島といえば三原山の火山。火山を中心とした自然スポットや大島らしい観光スポットを紹介します

スポンサーリンク

三原山

東京都大島町
1777年に安永噴火で出来た、標高735メートルの火山。1998年にお鉢めぐりコースが開通し、自然の雄大さを感じることができます。

三原神社

東京都大島町野増 三原神社
三原山の噴火時でも、三原神社を避けて溶岩が流れたおかげで無事に残った神社。そのため、パワースポットとして知られています。火口付近の鳥居からは富士山を正面に見ることができます。

千波地層切断面

東京都大島町野増エンシュウアイノウ
高さ24m、長さ630mにも続く地層断面です。曲線を描いて重なる地層に、バームクーヘンとの別名もあります。地層の一部分はおおよそ15000~20000年以前といわれるものも。

泉津の切り通し

東京都大島町野増
石階段の壁に大木の根が張り、まるでジブリの世界に入り込んだような景色です。伊豆大島の北東に位置しています。サイクリングやドライブで立ち寄りたい観光スポットです。

ゴジラ岩

東京都大島町三原山火口付近
ゴジラの横顔を思わせる溶岩です。三原山の火口をぐるりと一周するハイキングコースに突如現れます。天気が良ければ海越しに富士山が見えることも。

大島ふるさと体験館

東京都大島町元町字北の山125-4
伊豆大島の名花といえば椿。大島ふるさと体験では椿オイルの絞りや椿・明日葉の草木染めが体験できます。絞った椿オイルは持って帰ることも。

筆島

東京都大島町波浮港
筆の穂先に見えることから地名に由来した島。200万年前の火山活動時にできた景観は、自然の雄大さとダイナミックな断崖絶壁を見ることができます。

町営牧場・ぶらっとハウス

東京都大島町岡田字新開
大島空港の北側に位置する緑の大地が広がった牧場内にある直売所。店内には搾りたての牛乳や地卵などたくさんの農産物が揃います。

源為朝の館跡

東京都大島町元町1-1-14
元町港から歩いて1分にある和の落ち着いた雰囲気ある旅館。客室には家族でゆっくりとくつろげるログハウスや和室があり、夕食はとれたての地元の海の幸がいただけます。

波浮港

東京都大島町波浮港
野口雨情が作曲した「波浮の港」で有名な港。波が静かな港周辺には変化の富んだ景観が広がり、周辺には「伊豆の踊り子」で有名な港屋旅館があります。

たかた売店

東京都大島町元町1-9-4
関東エリアからアクセスの良い元町先客待合所からほど近いところにあるお土産屋さん。お店には大島の特産物がそろっています。

寿し元

東京都大島町元町風待
築地から直送した新鮮な魚介がいただける江戸前寿司のお店。オーナーが仕入れるマグロは脂がのっていて評判がいい。

踊子の里資料館

東京都大島町中の原1-8
「伊豆の踊り子」のモデルになった旅芸人の資料館。館内には旅芸人のことを知ることができる、展示物や資料を見ることができます。

大島町貝の博物館 ぱれ・らめーる

東京都大島町差木地字クダッチ
伊豆や小笠原に生息する貝をはじめ、日本だけでなく世界各国の貝を展示する博物館。世界的に珍しいオキナエビズガイは必見。

乳ヶ崎

東京都大島町
大島最北端に位置する岬。岬からは伊豆半島をはじめ富士山や三原山全体を一望することができ、4月はじめにはオオシマサクラが咲き誇ります。
リストに場所を追加する
このリストを評価する(ログイン不要)
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2016/12/27 更新