【青森】お土産に青森の絶品和菓子をご紹介

自然の素材を生かした、青森の和菓子をお土産に。贈答品にもおすすめの、日本の「和」の文化をお持ち帰り。

スポンサーリンク

おきな屋 新町店

青森県青森市新町1丁目8-2

青森の自然の恵みを受けた素材で、昔ながらの手作りのお菓子を守っています。品質も良く美味しいお菓子はどこか懐かしくほっとします。

笹の舎

青森県弘前市百石町6-1

大きめにカットされたりんごの食感と、ふわふわのスポンジ生地をパイで包んだアップルパイが人気です。スティック状の形と個包装になっている食べやすさは、多くの方に喜ばれるお菓子です。

しかないせんべい

青森県弘前市新寺町32

薄く繊細なせんべいの中には、知恵と工夫がぎっしり詰まっています。県内産の小麦粉にこだわり抜き、素朴で味わい深い煎餅は城下町弘前の優しさがあります。

旭松堂

青森県弘前市本町102

日本の美しい四季の移ろいのなか、自然の素材にこだわり体に優しいお菓子です。青森の自然で育まれた心に響くお菓子を堪能できます。

開雲堂

青森県弘前市土手町83

昭和3年建造のレトロで懐かしい店内には季節の生菓子が並んでいます。中でも、津軽藩の旗印そして弘前市のマークをかたどった卍(まんじ)最中は弘前を代表するお菓子となっています。

永井久慈良餅店

青森県青森市浅虫坂本51-5

久慈良(くじら)餅は、上質の津軽米を製粉し吟味されたこし餡と砂糖を使った蒸し菓子です。素朴な甘さと歯ごたえが特徴の餅菓子には青森の風土が息づいているようです。

創季屋

青森県八戸市大字河原木字神才22-2 〒039-1161

自社製品から青森県内を代表するお土産品まで豊富な品ぞろえのお菓子専門店です。みちのくの味わいを旅の思い出と共に楽しむことができます。

萬榮堂

青森県八戸市大字八幡字五日町 2-9

特選のサトウキビと黒糖を青森県産の粉に混ぜて作られたおまんじゅうの皮は、豊かな風味と深いコクがあります。素朴な青森の味覚としてまた縁起物としても喜ばれるお菓子です。

村上屋

青森県西津軽郡鰺ヶ沢町本町72

名物の鯨餅は米と小豆を原料とした蒸し菓子です。食感はういろうと似ていて、それでいて素朴な味わいがあります。素材の味を楽しめる素朴な味わいです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/11/15 公開