【関西】お寺・神社で、不思議な神様に会えるかも?

由緒正しいお寺に、不思議な伝説の残る神社たち。特別歴史好きでなくても、ちょっと気になるスポットです。

スポンサーリンク

坐摩神社

大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺3号

大阪船場にある、井戸水の神を祀る古い神社で、この地の守護神としても昔から崇敬を集めています。大小3つの鳥居を組み合わせた「三ツ鳥居」が特徴的。安産と繁栄にご利益があるといわれています。

大和神社

奈良県天理市新泉町306番地

たいへん由緒ある神社で、大和平野の神々の長をお祀りしています。ご神木に囲まれた境内には総檜造りの社殿が建ち並びます。周囲には古墳が点在し、太古の時代にタイムスリップしたかのような気分になります。

百済寺

滋賀県東近江市百済寺町323

606年に聖徳太子による創建された寺院で、十一面観音像をご本尊としています。現在の本殿や赤門は江戸時代初期の再建ですが、優美で落ち着いた佇まいが美しく重要文化財指定を受けています。

越木岩神社

兵庫県西宮市甑岩町5-4

1000年前に創建された「大国主西神社」を前身とする由緒ある神社。子授けや安産祈願にご利益があるとして広く信仰を集めています。子どもの健やかな成長を願う神事「泣き相撲」でも全国的に有名なスポット。

建部大社

滋賀県大津市神領1-16-1

日本武尊、天照大神、大己貴命をお祀りする神社で、日本建国神話に深い関係のあるスポット。拝殿前には珍しい三本杉のご神木があり、境内の神秘的な雰囲気を高めています。出世開運の神としても有名。

多賀大社

滋賀県犬上郡多賀町多賀

古事記成立以前に創建されたとても古い神社。 伊邪那岐命と伊邪那美命をお祀りし、お守りとしてしゃもじが授けられることでも有名です。子授け、安産、鎮火にご利益があるとして現在でも篤く信仰される神社です。

笠山三宝荒神社

奈良県桜井市笠2415

奈良時代の山辺の道の守護神である荒神を祀る神社です。平安時代には陰陽道により篤く信仰されました。3000年もの間禁足地だったため、神社周辺には豊かな自然が今も残り、訪れるだけで癒されます。

九頭竜大社

京都府京都市左京区八瀬近衛町681

九頭竜弁財天大神を祭神とする神社で、京都洛北の八瀬の地に降臨されたのをお祀りしたものです。本殿に向かって時計回りに9回まわるという独特の参拝方式があります。厄除けの霊験あらたかな神社です。

貴船神社奥社

京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

豊かな森と水源に恵まれ、古来から神聖視されてきた場所にあります。気の湧き上がる龍穴があると伝えられ、水を司る神様として平安時代には社が建設されました。現在では縁結びの神としても有名です。

吉野水分神社

奈良県吉野郡吉野町吉野山1612

7世紀の続日本記にはすでに記録がみられるという由緒ある神社。水を司る天之水分大神を主祭神としています。中世から子授けの神としても信仰され、豊臣秀吉もこちらに参拝して秀頼を授かったといわれています。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/11/04 公開