【札幌】身が締まった食感と深い味わい!札幌のうなぎ

うなぎは高級食材ですが、身がぎゅっと締まった食感と噛むごとに広がる深い味わいは何にも変えられない美味しさですよね。そんな札幌のうなぎです。

スポンサーリンク

うなぎの川幸

北海道札幌市西区西野2条2丁目8-11

札幌市西区西野にあり、創業25年を超える九州の活鰻専門店のお店です。柔らかくふわふわの鰻が絶品です。アットホームな雰囲気で温かい印象です。うな重は肝吸い・小鉢・お漬物・珈琲がつきます。

日本一 イオン札幌元町店

北海道札幌市東区北三十一条東15丁目1-1 イオン札幌元町ショッピングセンター 1F

イオン札幌元町店の1階にある、焼鳥と惣菜・鰻・お弁当のテイクアウトの専門店です。嘉永元年(1848年)創業して以来、伝統的な鰻の味と鮮度の高い旨みが魅力の焼鳥や、家庭的な味の盛沢山の惣菜は人気です。

うなぎ二葉

北海道札幌市中央区南五条西7-3-2

昭和23(1948年)年5月に創業した老舗です。九州、静岡などから厳選されたうなぎのみを使用し、背開きにし白焼き、蒸してからつけ焼きする関東流で、老舗の技と味を守り続けています。

鰻二葉 くにひら亭

北海道札幌市中央区南14条西11丁目1-1

老舗の「うなぎ二葉」から独立したお店です。「うなぎ二葉」の創業者、松野国平氏の「くにひら」の名が、お店の名前の由来です。うなぎは九州の養鰻場から空輸されてくるものを使用しています。

うなぎのなかやま

北海道札幌市中央区南六条西5丁目1

昭和37年(1962年)創業のお店です。うなぎは九州宮崎産を使用しています。先代は背開きで関東流だったが、二代目は腹開き(関西流)でその後、白焼き、蒸し焼きと関東流とユニークな仕上げをしています。

志んぼ

北海道札幌市西区琴似1条7丁目3-7

昭和9年(1934年)創業のうなぎと焼鳥の老舗です。炭にこだわり太さや形を厳選した「土佐備長炭」を使用。鹿児島産のうなぎを蒸さないで、じっくりと焼きます。

札幌のうなぎや

北海道札幌市北区北27条西16丁目4-10

養殖うなぎは使用せず、天然うなぎにこだわったお店です。炭はアオダモを使用し、天然うなぎをじっくり丁寧に焼いています。天然うなぎは、数量が限定されているので電話での予約がおすすめです。

うなぎ加茂川

北海道札幌市中央区大通西6丁目

2006年にオープンした札幌の中心部、ビジネス街のはずれにあるお店です。脂が抜けすぎない関西焼きで、蒸さないためパリッとした弾力があり香ばしく味が楽しめます。

うな清

北海道札幌市中央区南14条西8丁目2-10

札幌市中央区の行啓通りにある開業40年以上になるお店です。うなぎは三河産か九州産を使用しており、白焼きにして蒸す関東焼きです。950円のランチうな丼は大人気でしたが、うなぎの高騰で今は中止しています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/10/26 公開