【東海】歴史ある美麗で為になる町並みを見られる場所

歴史ある風流で美麗な和を嗜む事の出来る散歩道が多くあり、観光にも向いている東海の町並みを見ることができる場所をご紹介します。

スポンサーリンク

野外博物館合掌造り民家園

岐阜県大野郡白川村荻町2499

近代化の波にのみこまれること無く、合掌文化を現代に伝えます。美しく貴重な風景、常設展示案内などでより詳しく知る事もできます。

美濃うだつの町並み

岐阜県美濃市加治屋町1959-1

屋根の両端に作られた防火壁の事を、うだつと呼びます。かつて江戸時代の豪商たちは己の富を競いあい、結果これが文化財となり現代に残されています。

花沢の里

静岡県焼津市花沢

万葉集にも詠まれたという、東海道最古のやきつべの小径の途中にある集落です。古代から中世にかけて栄えたという面影を偲ばせます。

御油の家並み

愛知県豊川市御油町美世賜

かつては本陣、脇本陣を含め62軒の旅籠が軒を連ねていた大宿の面影を今に伝える町並みです。近くの松並木も、心落ち着く場所。

馬籠宿

岐阜県中津川市馬籠4300-1

中山道43番目の宿場であり、木曽11宿の一番南の宿場町であった場所。周辺には十曲峠、落合の石畳、藤村記念館なども。

上三之町

岐阜県高山市上三之町

江戸時代の町屋が軒を連ねる、美しく情緒あふれる古い町並みです。国の重要伝統的建造物群保存地区にも指定されている、貴重な風景です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/10/27 公開