【関東】関東の歴史ある建物を訪ねて、歴史の深さを実感しよう。

関東には歴史ある建物が当時の状態で維持されて残っています。そんな歴史ある建物を訪ねて、関東の歴史の深さを実感してみるのも楽しいものです。

スポンサーリンク

佐倉武家屋敷

千葉県佐倉市宮小路町57番地

旧河原家住宅は県の有形文化財、旧但馬家住宅は市の有形文化財に指定されています。旧河原家住宅は年に3回だけ公開を行っています。建物内に入って見学ができるチャンスを狙っていくと良いです。

東京駅丸の内本庁舎

東京都千代田区丸の内1-9

東京駅の玄関口を飾るレンガ造りの駅舎。夜になるとライトアップされ幻想的な場所となります。デートなどちょっと演出したい時におすすめです。

箱根関所

神奈川県足柄下郡箱根町箱根1

元和5年に防備と治安を守るために作られ、平成19年に完全復元された場所です。江戸時代に本当にいるような体験が出来ます。

旧水海道小学校

茨城県水戸市緑町2-1-15 茨城県立歴史館内

明治初期の小学校建築の形を保存しており県の文化財に指定されています。教育資料や水海道小学校関係の資料が展示されています。

史跡足利学校

栃木県足利市昌平町2338

日本で最も古い学校で国の史跡に指定されています。平成2年に復元が完成。教育の原点を感じられる場所です。

大沢家住宅

埼玉県川越市元町1丁目15-2

川越最古の蔵造りで国の重要文化財に指定されています。実際に中に入って家の造りなどを見ることができます。昔と今では造りが違ったりと新たな発見ができるので、おすすめです。

旧堀田邸・さくら庭園

千葉県佐倉市鏑木町274

さくら庭園は市民の憩いの場となっています。建物は国の重要文化財に指定されています。庭園は県指定の名勝なので足を運んで損しない場所です。

旧篠原家住宅

栃木県宇都宮市今泉1丁目4-33

国の重要文化財・市の有形文化財にそれぞれ指定されています。1・2階合わせて100坪と大きく見ごたえ十分です。JR宇都宮駅のシンボルになっています。

土浦まちかど蔵・大徳

茨城県土浦市中央1-3-16

観光協会の事務所があり情報提供や土産品の販売をしています。蔵の昔の懐かしさを感じながら展示を見たりお土産を選んだり優雅な時間を過ごせます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/10/28 公開