【九州・沖縄】九州や沖縄の神社やお寺を巡って、歴史の深さを実感。

九州や沖縄にある神社やお寺を巡ると、九州や沖縄の歴史を感じることができます。時にはゆっくりと時間をかけて、神社やお寺で歴史を感じてみましょう。

スポンサーリンク

宮地嶽神社

福岡県福津市宮司元町7-1

大注連縄、大太鼓、大鈴と三つの日本一を持つ神社です。奥の宮八社は【一社一社をお参りすれば大願が叶う】といわれているので足を運んでお参りにくるのをおすすめします。

山王神社

長崎県長崎市坂本2丁目6番56号

原子爆弾での被爆遺構を保存しています。一本柱鳥居や被爆クスノキなど何かを感じられる場所です。色々な祭りも開催されているようなので是非。

高千穂神社

宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037

神社本殿と所蔵品の鉄造狛犬一対は国の重要文化財となっています。夫婦杉では周りを恋人などと手を繋いで3回周ると縁結びなどの3つの願いが叶うといわれているのでおすすめです。

本光寺

長崎県島原市本光寺町3380

供養と色々な祈願を行っているお寺です。なんと寺社コンが行われています。縁結びの守護のもと出会いを探すのもおすすめです。

羅漢寺

大分県中津市本耶馬渓町跡田1501

羅漢山中腹の岩肌に立っています。千体地蔵が有名で、十六羅漢・千体地蔵など合わせると3770体の石仏があり圧巻です。四季折々の姿を見せる風景も最高です。

海童神社

長崎県南松浦郡新上五島町有川中心地(各広場)

くじらの顎骨の鳥居が目を引きます。江戸時代から引き継がれている水難防止を祈る河童神社の祭り機会があればぜひ参加してみて下さい。

龍原寺三重の塔

大分県臼杵市福良平清水134

江戸期の木造三重塔は九州では2か所しかありません。10年かけて建築され、中には聖徳太子の像が置かれています。近くに来た時に寄ってみてください。

松原神社

佐賀県佐賀市松原2丁目10-43

三が日に参拝に訪れる人は約30万人という神社です。日本では珍しい河童の木彫りがあります。春と秋に祭りがあるので気になる方は是非。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/10/29 公開