【中国・四国】有名な橋や門、トンネルを見に行こう!

中国・四国には、みんなが知っているような有名な橋や門、トンネルがたくさんあります。迫力ある実物を、一度見に出かけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

瀬戸大橋

岡山県倉敷市-香川県坂出市

瀬戸内海の優美な多島海の真ん中を通り、道路と鉄道の併用ルートです。吊り橋、斜張橋、トラス橋など世界最大級の橋梁が連なりその姿はまさに壮観です。

津和野大橋

島根県鹿足郡津和野町後田~森村

町最大の祭りである「鷺舞」の像が石造りの橋のたもとに立ち荘厳さをうかがわせます。川面に目をやると大きな鯉がゆったりと泳いでいる姿が見えます。

佐田沈下橋

高知県四万十市佐田

増水時には川に沈むように設計された欄干のない橋です。緑の山々に青い四万十、そしてここにたたずむ橋のある風景は川と人とのかかわりが感じられます。

大鳴門橋

兵庫県南あわじ市福良丙 (淡路島門崎)と徳島県

本州と四国を結ぶ橋は吊り橋づくりで、その繊細で雄大な姿は見る人を魅了してやみません。橋の下層部分は新幹線が敷設可能で未来を見据えた構造です。

祖谷のかずら橋

徳島県三好市字善徳162-2

野生のシラクチカズラで編んだ吊橋で、日本三奇橋の一つといわれています。敷網でつながれた横木と横木の間10cmの隙間から眼下にのぞく川面はスリル満点です。一度は実物を見に出かけたい橋です。

ドイツ橋

徳島県鳴門市大麻町板東

第一次世界大戦の時、俘虜となっていたドイツ兵が造ったとされる石造りの橋で重厚な趣があります。当時の歴史を紐解くことができそうです。

錦帯橋

山口県岩国市

5連のアーチからなる橋は、組木の技術によって作られ、その姿はとても美しくたたずんでいます。日本三大奇橋の一つとして一度はその美しさを間近に見たいものです。

奥祖谷二重かずら橋

徳島県三好市東祖谷菅生620

かずら橋が2本並んで架かっているため夫婦橋または男橋女橋などと呼ばれています。女橋の横にはロープを手繰り寄せて川を渡る人野猿があります。平家の歴史をたどりに出かけてみたい橋です。

関連記事
2013/10/22 更新