【九州・沖縄】イチオシの町並み散策スポット

昔と今が交錯する、ふしぎな魅力にあふれた町並み。いつもはサッサと早歩きするあなたも、今日はカメラ片手にゆっくり歩いてみましょう。

スポンサーリンク

通町筋

熊本県熊本市

周辺には日本を愛し多くの怪談を現代に伝えた小泉八雲熊本旧居、現代美術の名が冠された熊本市現代美術館などがあります。

壺屋やちむん通り

沖縄県那覇市壺屋

かつて琉球王国が陶工の養成や陶器産業の振興に力を注いでいたという頃、壺屋焼の歴史が始まったと言います。散策とともに、陶芸体験なども。

出水麓武家屋敷群

鹿児島県出水市麓町

外城制度とはかつて薩摩藩が行っていた、城を置かない地方支配の制度。当時の街並みが、街路区画そのまま残り、御仮屋門、武家門、石垣などが楽しめます。

豆田町の町並み

大分県日田市豆田町

江戸幕府の直轄領であった、天領。その面影が残る日田の代表的なエリアがこの場所です。資料館などで、より理解が深められるでしょう。

東山手洋風住宅群

長崎県長崎市東山手町

国が選定している、重要伝統的建造物群保存地区にある7つの洋風住宅館は、明治20年代後半の建築物。内も外もデザインから仕上げまでが質素で、構造上も各棟がほぼ同一という特徴があります。

美々津

宮崎県日向市美々津町3328

日本神話における神武東征の御船出の地とされる場所。それにまつわる多くの伝承があります。また近世から近代にかけての町屋の姿も楽しめます。

人吉の町並み

熊本県人吉市麓町

藩政時代には小藩ながら栄えたと言います。また温泉と球磨川下りでこの地の名前を知る人も多い、城下町です。

吉井の町並み

福岡県うきは市吉井

白壁土蔵の美しく情緒あふれる風景が今なお残る町並みは、つい立ち寄って魅入ってしまいそうです。鏡田屋敷と居蔵の館は見学も可能との事。

鍋島藩窯公園・大川内山

佐賀県伊万里市大川内町

色鍋島、鍋島染付、鍋島青磁などの傑作はかつて鍋島藩の徹底した管理のもとで生みだされてきたと言います。その面影を感じる、秘窯の里です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/11/04 公開