【関東】関東の歴史を尋ねる旅に出かけましょう。

歴史を教えてくれるスポットが関東には沢山あります!子供の勉強にもきっと役に立つ文化財たちを集めました。

スポンサーリンク

勝海舟生誕地碑

東京都墨田区両国4-25-3 両国公園内

アサヒビール本社前、児童公園の一角に幕末のヒーローの1人・勝海舟生誕の碑がある。西郷隆盛の孫にあたる西郷吉之助の書による碑文。

東京湾観音

千葉県富津市小久保1588

富津市、南房総国定公園に建つ高さ56mの巨大な観音様。内部には324段の緩やかな螺旋階段が続いており、宝冠部分の展望台からは東京湾や富士山の美しい姿を望むことができる。

弘道館

茨城県水戸市三の丸1-6-29

茨城県水戸市。水戸藩の藩校として19世紀半ばに創設された施設。最後の将軍・徳川慶喜も5歳の頃から英才教育を受けていた。現在は梅の名所として有名。

大豆三粒の金仏

栃木県宇都宮市南大通り1丁目8-19 善願寺

東北新幹線・宇都宮駅近くにある善願寺という寺院の境内にある坐像の大仏様。わずか三粒の大豆を元手に寄進を募って製作されたという由縁から貯蓄の大仏として人気。

高野山真言宗 高崎白衣大観音 慈眼院

群馬県高崎市石原町2710-1

高野山金剛峯寺の塔頭寺院にある巨大な観音様、高崎のシンボルの1つ。昭和11年に戦没者の霊を慰め平和を祈念するために建立された。

南河原石塔婆

埼玉県行田市南河原1503 観福寺内

埼玉県行田市。鎌倉時代中期、源平争乱で討死した武蔵の国出身の武士、河原太郎高直・次郎忠家兄弟の供養の碑という伝承がある。

「野菊の墓」文学碑

千葉県松戸市下矢切261

伊藤左千夫の小説「野菊の墓」の文学碑。江戸川唯一の渡しであった「矢切の渡し」は、野菊の墓では主人公の悲しい恋の舞台として描かれている。

百観音自然公園

茨城県常陸大宮市中富町3135-6

茨城県常陸大宮市。男体山全体で90体もの観音像が点在している。男体山中腹には盲目の人が彫ったと伝えられる大日如来像があり、目の病に悩む人に信仰されている。

五百羅漢

埼玉県川越市小仙波町1-20-1

埼玉県寄居町。大正8年に開かれた少林寺という寺院の境内に五百羅漢がある。ほっと和むような愛くるしい表情を浮かべた像など素朴な羅漢に出会える。

石神井城址碑

東京都練馬区石神井台1-26-1

東京、練馬区石神井公園。室町時代には秩父平氏出身の豊島氏の居城・石神井城があった。現在では三宝寺池の畔に城跡が残っている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/10/24 公開