【中国・四国】観光にオススメの歴史的建造物

歴史をたずねて、悠久の時を感じる旅も素敵です。知識を身に付けることもできて、勉強にもなる良い時間ですね。

スポンサーリンク

熊谷家住宅

島根県大田市大森町ハ63番地

石見銀山にある重要文化財です。石見銀山付近で最も有力な商家だった熊谷家の住宅の内部を公開しています。

片山邸 泉屋コンソーシアム

香川県小豆郡土庄町豊島甲生

幕末から明治にかけて活躍した材木商の片山氏による建物です。枯山水の庭が見もので、大きなソテツが植えられています。

瑠璃光寺五重塔

山口県山口市香山町 香山公園内

1442年という古い昔に建てられたお寺ですえ。五重塔は国宝にも指定されており、京の風情を重要視していた大内文化の建物です。

出雲文化伝承館

島根県出雲市浜町520

平成3年に開館した出雲市にある記念会館です。出雲地方の伝統的な文化や歴史を今に伝える役割を果たしています。

夢二生家(夢二郷土美術館 分館)

岡山県瀬戸内市邑久町本庄

竹久夢二が誕生後16歳まで生活したという生家です。東京に建てられたアトリエを再現しつつ、茅葺屋根が趣ぶかさを演出しています。

大橋家住宅

岡山県倉敷市阿知3-21-31

国の重要文化財に指定されている住宅です。母屋二階正面に取り付けてある倉敷窓など、岡山を代表する建築法が採用されています。

伊藤博文別邸

山口県萩市椿東1511-1

1907年に伊藤博文が建てた住居です。宮大工の伊藤万作が手掛けた建物で、西洋風の洋館や書院なども併設されています。

旧野崎家住宅

岡山県倉敷市児島味野1丁目11番19号

国指定重要文化財に指定されている住宅です。天保時代に活躍した野崎武左衛門の築いた民家で、3000坪問う広大な敷地に独特な平面を持つ母屋や表書院などが建設されています。

岩崎弥太郎生家

高知県安芸市井ノ口

安政時代に活躍した岩崎弥太郎の清家です。三菱グループの基礎を作った岩崎弥太郎がどのような家で生まれたかを見学できます。

広兼邸

岡山県高梁市成羽町中野2710

1800年頃に小泉銅山とローハの製造を営み活躍した広兼氏の住居です。重厚な石垣のなかに広がる邸宅は江戸末期の建築物です。

関連記事
2013/10/26 公開