【東北】見どころいっぱい魅力的な東北観光

優しい人に会いたいなら、東北においで!優しい自然、歴史、景色に会いたい時も、東北が最高!見どころがいっぱいの魅力的な観光スポットです。

スポンサーリンク

上杉神社

山形県米沢市丸の内1丁目4-13

上杉謙信公、上杉鷹山公が祀られている神社。米沢市民の憩いの場、心のよりどころとして古くから慕われている。結婚式やお宮参り、初詣など、一年を通して、また、人生の節目節目で訪れる市民でにぎわう。

観瀾亭・松島博物館

宮城県宮城郡松島町松島町内56

伊達正宗が豊臣秀吉から拝領したもの。もとは伏見桃山城の一棟だったものをそのまま移築したといわれている。博物館では、大名道具や当時の生活用品までが展示されていて、歴史を感じさせる。

太宰治 疎開の家

青森県五所川原市金木町朝日山317-9

昭和20年に、太宰治が疎開していた生家近くにある屋敷。ここでも、数々の作品が執筆された。執筆活動に勤しんだ書斎、母の部屋など、当時の太宰治を偲ぶことができる。

大崎八幡宮

宮城県仙台市青葉区八幡4丁目6-1

安土桃山時代の建物で、現在唯一日本に残る遺構として、国宝に指定されている大崎八幡宮。仙台総鎮守として地元の人々に崇められており、現在も仙台市民の心のよりどころとなっている。

宮沢賢治 イーハトーブ館

岩手県花巻市高松1-1-1

宮沢賢治が思い描いてきた理想郷、イーハトーブ。宮沢賢治の研究家や愛好者で組織される団体の本拠地でもある。賢治について学び、感じることのできる場所。

立佞武多の館

青森県五所川原市大町21-1

五所川原市で開催され、「立倭武多」とよばれる大きな山車が市内を練り歩く夏祭り。ここでは、大きな立倭武多を間近で見ることができる。津軽の民芸品の体験製作も人気。

仙台市博物館

宮城県仙台市青葉区川内26番地

仙台伊達家から寄贈された貴重な資料などを保管展示するために造られた博物館。小さ36年の開館以来、多くの人が来館している。国宝や重要文化財に指定されている資料も多い。

十和田湖

青森県十和田市奥瀬十和田湖畔休屋486

標高400メートルほどの高さに位置し、青森県と秋田県をまたがって広がる大きな湖。湖の周りは断崖の岩々が聳え立ち、独特の雰囲気を持つ。

中尊寺

岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202

慈覚大師円仁によって850年に開かれたお寺。金色堂をはじめ、数々の国宝や重要文化財がおさめられている。2011年には、中尊寺を含む平泉の文化遺産が世界文化遺産に登録され、ますます注目されている。

卯子酉様

岩手県遠野市下組町

「遠野物語」にも登場する神社。祠の前にある木に、境内に売られている赤い布を左手で結べたらご縁が結ばれる、という謂れがあり、若い女性でにぎわう。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/10/13 公開