【関西】関西の観光名所、歴史を感じる史跡を歩こう

かつて都があった京都をはじめ、関西には名高い史跡がたくさんあります。あなたも史跡を歩くことで、歴史を肌で感じてみませんか?偉人の生きた証が、そこには息づいているのです。

スポンサーリンク

春日神社裏手の復元環濠

奈良県橿原市今井町

奈良に多くみられる周囲に濠をめぐらせた環濠集落のひとつ。春日神社の裏手に一部が復元されています。周囲には重要文化財が点在してします。

敦盛塚

兵庫県神戸市須磨区一ノ谷町5 須磨浦公園内

須磨公園の西側にある、大きな五輪塔の石塔。平敦盛の供養塔という説があります。道の向こうには須磨の海が広がっています。

十三重石塔

京都府宇治市宇治塔川 京都府立宇治公園塔の島内

宇治公園内の島にたつ日本最古の石塔。鎌倉時代後期、供養塔として建てられました。国の重要文化財に指定されています。

兵庫津の道

兵庫県神戸市兵庫区駅南通5-3-7 JR兵庫駅南側〜和田岬までの一帯

兵庫駅の南側にのびる史跡が点在する散策道。兵庫港のかつての栄華がしのばれます。日本三大仏のひとつとして知られる「兵庫大仏」が有名。

北野天満宮の鳥居

京都府京都市上京区馬喰町 北野天満宮内

学問の神様として信仰される北野天満宮は、梅の名所としても有名です。巨大な一の鳥居に始まり、楼門までの間に三つの鳥居が立っています。

息継ぎ井戸

兵庫県赤穂市加里屋

主君刃傷の知らせを持って江戸から駆け付けた浅野内匠頭の家臣ふたりが、この井戸で一息ついてから大石内蔵助邸に入ったといわれています。

金輪王寺・吉野朝皇居跡

奈良県吉野郡吉野町吉野山

後醍醐天皇が皇居とし、悲運の生涯をとじた場所。明治時代に廃寺となりましたが、現在は皇居跡公園として整備されています。

平城宮跡

奈良県奈良市佐紀町

広大な敷地内にさまざまな施設が公開されています。復元された朱雀門や、東院庭園などさまざまな見どころがあります。1998年、世界遺産に登録。

伝飛鳥板蓋宮跡

奈良県高市郡明日香村岡

大化改新の舞台となった飛鳥板蓋宮の跡として整備されている遺構。石が敷き詰められた広場や井戸が復元されている。

百濟寺跡・百濟王神社

大阪府枚方市中宮西之町1-68

百済王により建立されたとつたえられている。現在は国の特別史跡に指定され、公園として市民の憩いの広場になっている。「百済寺跡の松風」として枚方八景の一つに選ばれた。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/10/17 公開