【東海】東海地方で観光するなら?オススメ博物館

人々の知的好奇心を満たし、新しいエネルギーを注入してくれる場所、それが博物館です。博物館という非日常の世界で、あなたも新しい自分を発見してみませんか?

スポンサーリンク

豊橋市美術博物館

愛知県豊橋市今橋町3-1

豊橋公園(吉田城址)の一角に建つ美術博物館です。考古・陶磁器・歴史などの博物館資料や絵画資料が常設展示されているほか、企画展も開催しています。豊橋市民俗資料収蔵室も併設されています。

お茶の郷博物館

静岡県島田市金谷富士見町3053-2

日本の茶の歴史が紹介されています。。 世界30ヵ国90種類のお茶が展示されており、ウェルカムティーコーナーで月替わりのお茶を楽しめます。 茶室、庭園もありゆったりとした気分になります。

トヨタ鞍ヶ池記念館

愛知県豊田市池田町南250

鞍ヶ池公園の中にあるトヨタの記念館です。入館料は無料で、トヨタの歴史を見ることができます。 トヨタ自動車の創業者・豊田喜一郎の生前の別荘が一角に移築修復されています。

磐田市香りの博物館

静岡県磐田市立野2019-15

「香り」をテーマにした、世界でもめずらしい博物館です。香道具・香炉香水瓶など香りに関する美術工芸品が展示されています。香りを体験するコーナーもあります。

名古屋市博物館

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1

常設展示室では、尾張地域の原始から現代までの資料が展示されています。特別展示室・部門展示室では、年に数回、展覧会を開催して、尾張地域の特色を明らかにする資料や、内外のすぐれた文化遺産が紹介されます。

高山祭屋台会館

岐阜県高山市桜町178

高山祭そのもののを、年中見ることができる施設です。 高山祭に曳きだされる11台の屋台を年3回(3月・7月・11月)4台づつ入れ替え、祭行列が再現展示されています。 巫女さんがガイドをしてくれます。

奥飛騨おもちゃ博物館

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷新穂高温泉中尾214

明治~昭和の10,000点以上のおもちゃが年、数回に分けて展示されており、おもちゃの変遷をみることができます。「お土産品・駄菓子屋コーナー」は奥飛騨の駄菓子屋の雰囲気そのままが再現されています。

海の博物館

三重県鳥羽市浦村町大吉1731-68

海と生活を共にしている海女さん、漁師さん、船乗りさん、海辺に住む人々と海の文化について紹介されています。伝統・信仰と祭りといった歴史から、海の汚染に関する未来への警鐘まで見ることができます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/10/11 公開