【都内】取引先にお持ちする、間違いのない手土産

取引先に手土産持参で行くなら、どんな人にも喜ばれるタイプのものが良いでしょう。

スポンサーリンク

ちもと

東京都目黒区八雲1-4-6

名物の「八雲もち」。カシューナッツが入ったやわらかい黒糖求肥を竹の皮で包んだお菓子です。常温で5日持つので、手土産にもピッタリ。シンプルな上生菓子も季節を感じられておススメです。

巴裡 小川軒

東京都港区新橋2-20-15

元祖レイズン・ウィッチはサクサクのクッキーに、生クリームに近い特製クリームと肉厚のレーズンがサンドされたお菓子です。カスタードと生クリームを包んだ小川軒ロールも人気です。

ホテル西洋 銀座

東京都中央区銀座1-11-2

定番ロングセラーの「ホームメイド・チョコレート」や、薄いマカロンにラム酒のきいたレーズンとバタークリームを挟んだ「銀座マカロン」もユニークで喜ばれる商品です。

赤坂 青野

東京都港区赤坂7-11-9

看板商品の「赤坂もち」。くるみが入った上質なもちときな粉のあっさりとした甘さは赤坂青野だけの味わいです。丸ごと一粒入った栗を白餡で包んだ栗まんじゅうの「一つぶ」も人気です。

小桜

東京都台東区浅草4-14-10

浅草の老舗料亭「福し満」の手土産用として生まれたかりんとうのお店。黒糖風味やメープル味など、6種類の味があり、程よい甘さで食べやすいです。

かりんとう たちばな

東京都中央区銀座8-7-19

老舗のかりんとう専門店で、黄金色の美しいかりんとうが特徴です。細い「さえだ」と太い「ころ」の2種類のみの扱いで、上品な味がお茶うけにも最適です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/03/29 公開