【都内】喜ばれる「和の」手土産

気の利いた和菓子を選ぶのはちょっと難しいですが、良いものをお持ちすると本当に喜ばれます。都内のおすすめの和手土産をご紹介いたします。

スポンサーリンク

みつばち

東京都文京区湯島3-38-10

湯島で創業100年の甘味処。店内でも食べられるあんみつなどを手土産にぜひ。他にも、やわらかい白玉とさらっとした小豆の小倉白玉がおいしいです。

菓匠 青柳正家

東京都墨田区向島2丁目15-9

昭和25年から変わらない味の菊最中。菊の花輪をかたどった美しい皮の中には、特製の餡がこれまた美しく挟まれています。透き通った餡が特徴の栗羊羹も、上品な甘さでおススメです。

亀十

東京都台東区雷門2-18-11

大正末期創業のお店で、特製のどらやきや黒糖で作った「松風」が人気。どら焼きは黒あんと白あんの2種類あり、ふわふわの生地が最高です。

有職たい菓子舗 天音

東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9 ハモニカ横丁

ハモニカ横丁の中にあるお店で、羽根つきのたい焼きが人気です。香ばしい羽根が食欲をそそります。いもや栗が入ったものもありますよ。

喜田屋

東京都杉並区西荻北3-31-15

お豆の量が圧倒的な豆大福が人気のお店。ほくほくのお豆と北海道産小豆で作る自家製の粒あんがとっても美味。さっぱりした甘さでペロリと食べられます。

小桜

東京都台東区浅草4-14-10

昔懐かしの黒糖風味からメープル・きな粉味など、6種類のかりんとうがあります。添加物や保存料を一切使っていないのも嬉しい。桜模様の入った缶も可愛らしくて喜ばれます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/03/28 公開