【関東】厄年を迎えたら、神社で厄払いしましょう

厄年になったら絶対に良くないことが起こるというわけではないけれど、神社で厄払いするとなんとなく安心できませんか?

スポンサーリンク

寒川神社

神奈川県高座郡寒川町宮山3916

全国唯一の方位除・八方除の守護神、地相・家相・方位等に基づくすべての災難を取り除くとして信仰されている。郵送による祈願申込みも可能。

門田稲荷神社

栃木県足利市八幡町387

榎木稲荷(東京)、伏見稲荷(京都)と並ぶ日本三大縁切稲荷のひとつ。縁切りとしては、男女間だけでなく、病気、薬、賭け事、貧乏、事故、災難などにも御利益があると伝えられている。

来宮神社

静岡県熱海市西山町43-1

来宮大明神は来福・縁起の神として古くから信仰されている。天然記念物に指定されている樹齢二千年の大楠も見もの。禁酒の神としても知られている。

牛天神 北野神社

東京都文京区春日1丁目5-2

学問の神様である天神様、菅原道真公をお祀りしている神社。境内にある「ねがい牛」を撫でると願いが叶うと言われている。都心のパワースポット。

鹿島神社

茨城県那珂市菅谷2345

御祭神は武甕槌大神(たけみかつちのおおかみ)。8月に行われる菅谷のちょうちん祭りで知られる。四季折々の境内の風景が美しい。

日比谷神社

東京都港区東新橋2丁目1-1

御祭神は農業神である「豊受大神」と、あらゆる罪・穢を祓い去るといわれる「祓戸四柱大神」。別名「鯖稲荷」。新橋駅、汐留駅からのアクセスが良い。

三狐稲荷神社

埼玉県鴻巣市本宮町1-9

良い縁を結び、悪い縁を絶つご利益があると言われている。総銅造りのお宮は木材を一切使っておらず、精巧な細工は一見の価値がある。

妙見本宮 千葉神社

千葉県千葉市中央区院内1-16-1

御祭神「北辰妙見尊星王」はあらゆる守護能力を発揮する神様であり、病気・事故・怪我など「厄(やく)」と呼ばれる悪い運命を取り除き 、善い運命へと導くとされ、厄年祓に遠方からも訪れる人も多い。

縁切榎

東京都板橋区本町18

もともと大六天神の神木で、現在の木は3代目。人間関係のほか断酒、難病との悪縁を絶って良縁を結んでくれると、願掛けの絵馬が多数奉納されている。

香取神宮

千葉県香取市香取1697

家内安全、産業指導の神、海上守護、心願成就、縁結、安産の神として深く信仰され、平和・外交の祖神として、勝運、交通安全、災難除けの神としても有名。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/09/27 公開