【京都】舌をつつむ甘さが優しい京都三条のスイーツは?

上品な甘さに洗練された見た目。そんな京都の美意識に磨き抜かれたおいしいスイーツはいかが? 三条のおすすめ店を見て行って。

スポンサーリンク

抹茶庵 やまぎし

京都府京都市中京区先斗町三条下ル

先斗町の石畳の端にある、ご夫婦で経営されている小さな甘味処です。添加物を使わないので、素材の自然なおいしさを楽しめるお店。ぜんざい、かもがわ、注文後に白玉をつくるあんみつなどは花柳界でも人気。

京はやしや 京都三条店

京都府京都市中京区三条通河原町東入る中島町105 タカセビル6F

東洋のお茶と和スイーツをいただけるお店。店内からは鴨川が見え、明るいカフェのような雰囲気。茶の専門店らしく、抹茶パフェ、抹茶ぜんざい、抹茶わらび餅が人気。煎茶がお代わりできるのもいいですね。

エクスキーズ

京都府京都市中京区木屋町三条上ル上大阪町518

木屋町の路地裏にひっそりとたつ、白と黒を基調にしたシックなパティスリー。店名を冠したガトーショコラは、中にフルーツのジュレが入っているおしゃれな一品。どのケーキも小ぶりで、いくつでも食べれそうです。

キル フェ ボン 京都店

京都府京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角

風情ある木屋町通りにたつ有名パティスリー。フルーツを使ったタルトで有名で、京都店では、ブルゴーニュ産蜂蜜や抹茶を使った地域限定タルトが人気。鴨川を眺めながら、カフェでゆっくりいただくこともできます。

梅園 河原町店

京都府京都市中京区河原町三条下る山崎町234-4

四角いお餅が串に刺さった、みたらし団子が名物。艶々した甘いタレのおかげで、何本でも軽く食べれます。寒天パフェや栗の渋皮煮などの大人うけするメニューも多く、昔ながらの京の味をゆっくり楽しめるお店です。

本家 船はしや

京都府京都市中京区三条大橋西詰112

明治38年創業の歴史ある和菓子屋さんで、焼き菓子と干菓子を扱っています。縁起物として贈答にもよく使われる五色豆や、蕎麦の香りいっぱいのぼうろなどが人気。手頃な値段なので、家庭用にも気楽に買えます。

先斗町駿河屋

京都府京都市中京区先斗町三条下ル

先斗町で、こぢんまりと営業している上品な和菓子店。こしあんを薄いわらび餅で包んだひと口わらびは、夏季限定ですがお店の代名詞のようなお菓子。翡翠色のわらび餅は清涼感に溢れ、粋な食感を楽しめます。

月餅家 直正

京都府京都市中京区木屋町通三条上ル上大阪町530

生菓子を中心に常時20種類程度の和菓子を販売しているお店。お店の奥は製菓工房になっていて、店頭では出来たてを買えます。蓬を練りこんだわらび餅や、米粒の食感の残る半殺しおはぎが人気商品。

ラパン

京都府京都市中京区木屋町通御池下ル上大阪町516 ジャンクションビル 3F

スイーツの種類が豊富で、女子会やカップルでよく利用されるお店。クリームブリュレやモンブランなどを盛り付けたお得なプレートもあります。深夜以降も営業しているので、夜スイーツを食べたいときに重宝します。

茶香房 長竹

京都府京都市中京区先斗町通三条下ル材木町189 8番路地

先斗町の町屋をそのまま使った甘味処で、スイーツのほか飲茶もあります。定番のわらび餅やあんみつのほか、一番人気はフルーツと抹茶アイスの組み合わせが絶妙な抹茶パフェ。飲んだあとに寄りやすい立地も便利。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/09/12 公開