【静岡】流れる景色、風を感じるドライブ・ツーリング体験

気持ちのよい風を感じながら癒しのドライブ・ツーリングはいかが? 景色のいいスポットや楽しめるパーキングエリア情報を集めました。

スポンサーリンク

青崩峠

静岡県浜松市天竜区水窪町奥領家

静岡県浜松と長野県飯田の県境にある峠。青崩という怖い名は、崩れ落ちた山腹の岩の青さから。中央構造線破砕帯の痕跡が明確に残っている。塩の道とも呼ばれる街道があり、歴史散策も出来る1082mの峠だ。

大瀬明神の神池

静岡県静岡県沼津市西浦江梨329

海から20m、標高1mに位置にあるが全くの淡水。神池と名がつき、国の天然記念物のビャクシンの樹林が繁茂。伊豆七不思議の一つでもある。なぜ淡水池かは明らかになっておらず諸説あり、不思議スポット一つだ。

乙女峠(静岡県)

静岡県御殿場市深沢地

御殿場と箱根の県境にあるの峠。富士山を望む古くからの景勝地。名の由来は、願掛け「おとめ」の伝承物語にある。江戸期には関所が設けられ足止めされた「御留」からとの説もある。富士の眺望と歴史散策が楽しめる。

十国峠

静岡県田方郡函南町桑原国見嶽1400-20

信州から上州へ一日十石の米を運ぶため通ったのが名の由来である。上州からは棲みや紙を積み替えていたと言う。当時の往来を彷彿とさせる雰囲気が今も残る。展望台に登れば、雄大な自然をはるか先まで眺望できる。

駒門パーキングエリア(下り)

静岡県御殿場市

このPAのお薦めは、カレー屋さん。茹で卵やチーズ、唐揚げなどトッピングを自由に選ぶことが出来るカレー。ポークカレーは500円。カレーと麺ものの組み合わせも楽しめる。ミリタリーグッズもお奨めの一つだ。

駿河湾沼津サービスエリア(上り)

静岡県沼津市根古屋

ここは西洋建築で塔も目立っている。毎日15時にはマグロの解体ショー。迫力満点。食事やカフェ、お土産物も多種多様で豊富だ。地もとからの客も多く、専用の進入路があるほどだ。

駿河湾沼津サービスエリア(下り)

静岡県沼津市根古屋

青と白のコントラストがすっきりとしたSA。一押しは富士山をイメージして、牛タンと野菜で高く盛り上げれた、いおや焼き定食。牛タンも野菜もたっぷりで1300円。これは立ち寄って試してみる価値あり。

湯河原峠

静岡県田方郡函南町桑原国見嶽1400-20

湯河原温泉から湯河原パークウェイを通って湯河原峠へ。眼下に相模灘を望みながら5.7kmのドライブコース。名湯を楽しみ、少し足を伸ばして観光ドライブも楽しめるスポットとなっている。

杓子峠

静岡県裾野市

芦ノ湖スカイラインを登り、ほぼ中間点になる。標高は1030m。ここからの眺望は最高で、富士山の姿全体を捉えるにはベストポジションである。

富士山スカイライン

静岡県富士宮市粟倉 富士箱根伊豆国立公園内

富士宮市山宮から御殿場市茱萸沢までを結ぶ無料一般道路。途中枝道に入り富士宮口五合目へ至る。富士山の世界遺産登録で超人気のドライブスポットの一つになっている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/09/11 更新