【神保町】日本文学の充実した、神保町の書店

日本最大の書店街・神保町。神保町には様々な種類の専門書店等が立ち並びますが、中でも日本文学の充実した書店をご紹介します。

スポンサーリンク

八木書店 古書部

東京都千代田区神田神保町1-1

日本文学書を多数取り揃えています。古書は自筆本から複製本まで多数在庫があります。時代も古典文学から中世文学、近代文学まで幅広くあつかっています。

けやき書店

東京都千代田区神田神保町1-9 ハヤオビル6F(旧・下倉ビル)

日本近代文学古書の専門店。明治から現代までの初版本を中心に、作家の色紙、原稿などを取り揃えています。特に無頼派作家ものや、芥川直木賞本などが充実。

かわほり堂

東京都千代田区猿楽町1-4-4 STビル102

日本古書を多数扱うお店。江戸時代から明治、大正、昭和に至る貴重な日本文学古書を取り揃えています。種類も大衆小説から児童文学、詩歌句集までとても豊富。

小宮山書店

東京都千代田区神田神保町1-7

文学、哲学、歴史民俗学、東京江戸関係など古書全般幅広いジャンルをあつかっています。日本文学も初版本含め多数あつかっていて必見。

荒魂書店

東京都千代田区神田神保町1-11-2 天下一第二ビル2階

もともと文芸書専門店としてはじめたお店。今では往年のアイドル写真集、グッズも多数扱う。それでも文芸書の充実ぶりもかなりのもの。そのほとんどが初版本というから一見の価値あり。

田村書店

東京都千代田区神田神保町1-7-1

1919年和本・漢籍のお店としてオープン。日本文学書の初版本、研究書を多数そろえる。コレクターにも必見のお店。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/02/24 公開