【下北沢】さすがユニークな本屋が多い、下北沢の書店

下北沢の書店は、文豪が愛した名書店から、サブカルチャー精神溢れる書店まで、ユニークな本屋さんばかりです。

スポンサーリンク

七月書房

東京都世田谷区北沢2-39-14 ルックアップマンション1F

国内の古書に加えて、海外の絵本すら揃えてある古本屋さん。オープンしてから2年で、店内は落ち着いた雰囲気でゆったりした気分で楽しめる。

DORAMA 下北沢 Part6

東京都世田谷区北沢2-19-15

系列店の店名にPartをつける変わったお店。お店自体は清潔で本の種類も多く、老若男女あらゆるお客さんが訪れる。

幻游社

東京都世田谷区北沢 2-13-5

創業30年以上という歴史のある古本屋さん。訪れるお客さんも多く、冷やかしも歓迎するなどのユーモアも持つ。

ほん吉

東京都世田谷区北沢2-7-10 上原ビル1F-1号

女性の方が昔ながらの本屋さんを目指すために立ち上げたお店。古本に加え普通なら値がつかずに捨てられてしまうような本を非常に安価な値段で並べているので思わぬ掘り出し物が見つかる時も。

ヴィレッジヴァンガード 下北沢店

東京都世田谷区北沢2-10-15 マルシェ下北沢

本以外の商品も積極的に扱い、店員の方が作成する独特なポップにより普通の本屋とは一線を画する本屋さん。コミックにこだわりを持っており、若い人にも人気なお店。

白樺書院

東京都世田谷区北沢3-21-1

映画や演劇などの古本をはじめ、詩集や歌集などの他の本屋さんでは見られないものを扱っている独特なお店。それだけにその道の本の種類は多い。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/02/26 公開