【荻窪】正統派も、サブカル派も。様々なタイプがある荻窪の書店特集

正統派からサブカルチャー系のコアな書店まで、様々な書店が充実する荻窪の書店の特集です。

スポンサーリンク

颯爽堂

東京都杉並区西荻北2-11-6 ル・シェールハル西荻1F

文芸や写真集、哲学などの品揃えが豊富なお店。平日は25時まで、祝日は24時までと夜遅くまで開いているので、生活スタイルを気にせず訪れることができる。

夢幻書店

東京都西荻北3-2-7

漫画の種類が非常に多く、ゲームやおもちゃまで置いている個性的なお店。駅から95mと非常に近いことも特徴。

ブックセンター荻窪

東京都杉並区天沼3-3-2

コミック類が非常に充実しているお店。駅から10分以内で着くことができ、コンピュータ書や雑誌なども多い。

古書 興居島屋

東京都杉並区西荻北3-31-6

どこか昔なつかしい雰囲気を醸し出しながらも、町中に馴染んでいるお店。置いてある本は芸術に関わるものが多い。

象のあし

東京都杉並区上荻1-24-19

店の名前とその本の種類の多さに非常に興味を惹かれる。お店自体も広く、意外な本を見つけられることも多い。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/02/24 公開