【山口】古い町並みや古い武家屋敷がある萩市

山口県萩市には江戸時代に形成された町割や街路、武家屋敷、民家などが多く存在します。歴史的有名人の旧宅などもあり、貴重な建造物を見ることができます。

スポンサーリンク

旧萩藩校明倫館

山口県萩市江向602
江戸時代中期に創建された長州藩の藩校跡で、当時は全国有数の規模を有していました。現在は国の史跡に指定されています。

菊屋家住宅

山口県萩市呉服町1丁目1
豪商・菊屋家が江戸初期に建築した商家。約2000坪の敷地のうち約3分の1が公開されていて、すばらしい庭や美術品などを見ることができます。

青木周弼旧宅

山口県萩市南古萩町2
幕末の蘭学医である青木周弼が生まれ育った家。庭にある松や梅の木は、つい魅入ってしまうような趣があります。

平安古の鍵曲

山口県萩市平安古
戦いの際に見通しを悪くして、敵の進入を防ぐ為に造られた鍵の手のように曲がった通路。萩ならではの、城下町特有の景観になっています。

木戸孝允旧宅

山口県萩市呉服町2-37
幕末、西郷隆盛、大久保利道と並んで「維新の三傑」と称された木戸孝允の生家。ガイドが常駐しているので、説明を受けることができます。

旧湯川家屋敷

山口県萩市川島67
川沿いに長屋門があり、橋を渡って入る武家屋敷。2か所の「ハトバ」があり、藍場川の水の利用法を見ることができます。
リストに場所を追加する
このリストを評価する(ログイン不要)
関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 中国エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2013/08/27 公開