【鹿児島】歴史を今に伝える記念碑・像たち

鹿児島といえば、まず思い浮かぶのが西郷隆盛。彼の像はもちろん、興味深い記念碑や像が鹿児島にはたくさんあります。

スポンサーリンク

泉重千代翁之像

鹿児島県大島郡伊仙町阿三

120歳まで生きたという泉重千代の像。徳之島の僻地にありながら、長寿を願って訪れる人々が絶えません。

清水磨崖仏

鹿児島県南九州市川辺町清水

五輪塔、経文などが彫られた仏教遺跡。平安時代から明治時代まで実に700年もの歳月を経て作られたそう。歴史の重みを感じさせられます。

西郷隆盛誕生地碑

鹿児島県鹿児島加治屋町

おなじみ、西郷隆盛が誕生した地に築かれた石碑。現在は木々に囲まれ、静かに時の移り変わりを見守っています。

叫びの肖像

鹿児島県鹿児島市桜島赤水町

長渕剛が桜島で開催したコンサートを記念に制作された像。長渕剛と、7万人を優に超す観客の熱狂に思いを馳せて。

西郷隆盛銅像

鹿児島県鹿児島市城山町4

3体の隆盛像の1つ。こちらは軍服に身を包み、直立不動のいでたち。高さ8mにもなる大きさに圧倒されてしまいます。

ドラメルタン号漂着記念碑

鹿児島県南種子町前之浜海浜公園

明治時代、遭難したイギリス貿易船が漂着した地に建てられた記念碑。手厚く介抱したという地元の人たちのエピソードを大切にしたいという思いから作られたのだそう。

尚子ロード記念碑

鹿児島県大島郡天城町与名間

シドニー金メダリスト、高橋尚子選手が練習に励んだコースに建てられました。現役時代の勇姿やこれまでの戦跡が記録されています。

島尾敏雄文学碑

鹿児島県大島郡瀬戸内町呑之浦

作家、島尾敏雄の記念碑。戦中に特攻隊としてこの地で派遣され、生死の境をさまよいました。現在は自然に囲まれた静かな地です。

第46代横綱朝潮太郎記念像

鹿児島県大島郡徳之島町井之川

徳之島出身の横綱、朝潮の像。徳之島の英雄として称えられた当時のそのままに、威厳に満ちた姿で建っています。

トメ観音堂

鹿児島県南九州市知覧町郡104(気づきの宿 富屋旅館)

戦中に特攻隊員の面倒を見、特攻の母と慕われた食堂経営者の鳥濱トメ。特攻隊員たちの後世の幸せを祈った観音像は今では開放されています。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/08/27 公開