【東京】日本の伝統技術が施されている粋なお土産はいかが?

日本の伝統技術が生かされている粋なお土産店。日本へ旅行に来たら、ぜひ買って帰ってほしい一品がここにあります。

スポンサーリンク

戸田屋商店

東京都中央区日本橋堀留町2-1-11

創業140年の染物問屋の老舗で、梨園染めという方法で織物を染めあげます。技法は伝統的ですがデザインは温故知新。世相を投影した手作り手ぬぐいや小物が人気です。江戸モダンなデザインは外国の方にも人気。

空の小町

東京都墨田区押上1-1-2 東京ソラマチ4F

たくさんの東京銘菓や定番商品の中から、おいしくて話題性の高いグッズばかりを揃えたお店です。歌舞伎座とのコラボ商品「大江戸天翔」や東京スカイツリー正規グッズもあり、東京観光のお土産探しにとても便利。

東京鳩居堂 銀座本店

東京都中央区銀座5-7-4

1663年創業の和文具とお香の老舗。和紙を使った見事な工芸品や便箋などがあります。またお香の品揃えはととても豊富。天然の香木だけを使った高級感のあるお香、匂い袋は外国でも喜ばれます。

伊場仙

東京都中央区日本橋小舟町4-1

扇と団扇の老舗専門店。江戸時代から続く団扇絵問屋で、現在では錦絵や浮世絵のほかに古典に題材をとったオリジナルデザインの商品も出しています。手書きらしい高級感もあり、外国へのお土産にお薦め。

江戸切子

東京都江東区亀戸2-9-6-101 ソレイユ2

ガラス表面に、独特のカット法で繊細な模様を刻む伝統工芸です。葉模様や花文様が刻まれた江戸切子のグラスや皿は、高級感のあるお土産として国内外で人気。ウイスキー用グラスやタンブラーは外国の方に好評です。

絆傘処

東京都中央区東日本橋3-9-7

国産洋傘の専門店で、丈夫で高級感のある甲州織りの生地を使用し、100%手作りで仕上げた洋傘を販売しています。骨の数にもこだわり丈夫さにも配慮されているので、外国では重宝されること間違いなしです。

江戸屋

東京都中央区日本橋大伝馬町2-16

江戸幕府お抱えの刷毛師も務めた老舗で、明治以降はブラシ製造でも親しまれてきました。質のよい洋服ブラシやヘアブラシ、黒豚毛のボディブラシなどは、実用性の高いお土産として海外生活でも重宝されます。

小津和紙

東京都中央区日本橋本町3-6-2 小津本館ビル

創業360年の江戸時代から続く老舗の和紙問屋。書道用品や障子和紙のほか、化粧パフやあぶらとり紙、高級ティッシュペーパーなどの小物も販売しています。あぶらとり紙は外国の女性にも人気のヒット商品です。

東京唐草屋

東京都中央区日本橋人形町3丁目4-6

足袋や和風小物を製造販売するお店ですが、近年は風呂敷の普及と販売に力を入れています。絹製高級品から普段使いまで、伝統柄からモダンシックまでと幅広い品揃えで、海外の方のお土産にも好評です。

大野屋總本店

東京都中央区新富2-2-1

1849年創業の足袋と和装下着の老舗です。現在は足袋を製造する傍ら、肌触りのよいガーゼのパジャマやハンカチなど、オリジナル製品の販売も行っています。湯上り用品は外国の方も驚く品質の高さです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/08/27 公開