【東京】東京といえば、このお土産で決まり!

誰もが知っている、誰もが喜んでくれる。やっぱりこの味を毎回買ってしまうロングセラー東京土産。裏切らない定番から期間限定まで飽きのこないお土産を買って帰ろう!

スポンサーリンク

ひよ子

東京都台東区上野二丁目7番7号

大正元年の誕生以来、東京銘菓として愛されて100年、ころんとした形が愛らしいひよこ型饅頭です。まろやかな白餡は老若男女を問わず好まれています。出張や東京観光のお土産としても人気です。

常盤堂

東京都台東区浅草3-6-1

江戸文化を語るときに欠かせない「雷おこし」を販売する老舗菓子処です。雷おこしは浅草名物として有名で、最上のお米を砂糖で固めた素朴な味わいです。飽きのこない東京土産として親しまれています。

小川軒

東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1 号館1階

小川軒の「レイズン・ウィッチ」はジョン・レノンも食べたという歴史ある東京銘菓です。レーズンを練りこんだバタークリームをサブレでサンドしたもので、スライスアーモンドの香りが食欲を刺激します。

舟和

東京都台東区駒形1-9-5

浅草の老舗和菓子店で、こちらの「いもようかん」は東京土産の定番。添加物は一切使わず、サツマイモと砂糖だけで作られているため自然な甘さ。柔らかいので幼い子供やお年寄りにも好まれるお菓子です。

板倉屋

東京都中央区日本橋人形町2丁目4-2

1904年の創業の老舗人形焼き専門店です。今でも1個ずつ手焼きで仕上げる人形焼きは、かりっとした衣がしっとり艶やかな餡を包んで、他社とは一味違います。縁起のいい七福神型なので贈り物にも最適。

東京ばな奈

東京都杉並区阿佐谷南1-33-2

1991年の発売以来だれにでも愛される味がうけて、東京土産の定番となったお菓子です。バナナの裏ごしをクリームに混ぜることで、バナナ本来の風味を再現しています。形もかわいらしく贈答品としても人気。

とらや

東京都港区赤坂4-9-22

皇室御用達の老舗製菓店でもあり、羊羹の製造では国内有数のメーカー。明治時代に京都から東京へ拠点を移したことで、とらやの羊羹は東京を代表する土産になりました。小倉羊羹「夜の梅」は定番です。

うさぎや

東京都台東区上野1丁目10番10号

上野で大正2年の創業以来親しまれている和菓子店で、どら焼きで有名。保存料は一切使用せず、十勝産小豆をたっぷりはさんだ自然な甘みのどら焼きは、少し高級な東京土産として人気があります。

東京たまご

東京都中央区銀座7丁目14番14号

銀座たまやが製造する人気商品が「東京たまご ごまたまご」で、黒ごまペーストを餡にたっぷり練りこんだ、おいしくて体にいい和菓子です。賞味期限が3週間と長めなので、お土産物として重宝されています。

ねんりん家

東京都杉並区阿佐谷南1-33-2

「バウムクーヘン」が看板商品の洋菓子メーカーです。こちらのバウムクーヘンは皮がかりっとして、食べ応えがあるのが特徴。関西以西では販売されていないので、定番のお土産として重宝されるようになりました。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/08/26 公開