【都内】一度は食べたい絶品の都内うどん屋さん

なにかと気軽に食べることの多いうどんですが、専門店で食べることは実は少ないメニュー。匠の技とこだわりが追求された美味しいうどん屋さんをご紹介。

スポンサーリンク

四国屋

東京都中野区本町4-36-3

出汁の旨味が凝縮された讃岐うどんは、お酒のつまみにもなりそうな一品。お手頃価格なのにボリュームも満点のお財布に優しいうどん屋さん。

蕎楽亭

東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂館 1F

神楽坂にあり石臼挽きの自家製粉を使った繊細な蕎麦が堪能できる。蕎麦以外に日本酒、お酒にあうつまみも充実している。

さぬきや

東京都杉並区高円寺南4-38-7

水にこだわって作られた讃岐うどんは、モチモチしていても優しい喉ごし。地鶏煮込みうどんは、出汁との旨味が凝縮された白濁スープで優しい味。

古奈屋 巣鴨本店

東京都豊島区巣鴨3-37-1

クリーミーで口当たりはマイルドだけど、スパイスの聞いているカレーうどんの有名店。喉ごしも滑らかな麺に絡むスープ最後まで飲み干せるほど美味しい。

神田小川町 まるきん

東京都千代田区神田小川町1-8-1 クレストビル1F

昼はさぬきうどん、夜は居酒屋+うどんと2つの顔を持つお店。元フレンチのシェフがつくるさぬきうどんは、食材と食感にこだわったモチモチの弾力。人気のかけうどんは、誤魔化しのない出汁とうどんを堪能でできる。

麺匠の心つくし つるとんたん新宿店

東京都新宿区歌舞伎町2-26-3 網元ビルB1F

お笑い芸人がよく話題にするうどんさん。うどん屋さんとは思えないシックでおしゃれなバーのような店内と季節ごとのメニューに定評がある。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/07/26 更新