【帯広】帯広観光で訪れたいおすすめ観光スポット20選

北海道の銘菓、六花亭やクランベリーも本店を構える帯広。世界でも希少な植物性の温泉が湧いたり、広大な草原も多く自然豊かでのんびりと過ごすにはぴったりの観光地です。帯広名物の豚丼も楽しみながら、充実した時間が過ごせるおすすめの観光スポットを紹介します。

スポンサーリンク

三国峠

北海道河東郡上士幌町三国峠
国道が通る峠としては北海道で一番高い峠です。眼下には一面に広がる大樹海の景色が広がり、自然の雄大さが感じられます。展望台脇にはソフトクリームやコーヒーがいただけるカフェもあり、ドライブ観光におすすめ。

十勝が丘展望台

北海道河東郡音更町十勝川温泉南12丁目1
十勝が丘公園にある展望台で、帯広市街地に十勝平野まで一望できます。夜には満天の星空が広がり自然の絶景が満喫できます。公園内には足湯や花時計もあり、充実した観光スポットです。

愛国駅・幸福駅

北海道帯広市愛国町基線39-40
今は廃線となってしまった広尾線の駅舎です。廃線と成った今でも駅名に惹かれ、多くの観光客がやってきます。ウェディング用のドレスハウスも新設されて恋人同士で訪れる観光客も多いのだとか。観光デートにもおすすめです。

岩内仙峡

北海道帯広市岩内町
壮大で美しい自然の残る渓谷です。特産物販売などもされており、ドライブ観光にもぴったりです。特に秋に紅葉の色づく頃の景観は息を飲む美しさです。

元祖豚丼のぱんちょう

北海道帯広市西一条南11-19
帯広名物豚丼の元祖と言われるお店です。ボリュームたっぷりの豚丼は大人気。炭で焼く道内産の極上の豚ロースはお口の中でとろけます。

ぶた丼のとん田

北海道帯広市東六条南16-3
帯広のグルメといえば豚丼。観光で行ったならば一度は食べておきたい帯広名物です。こちらのお店の豚丼は、十勝産の上質の生肉だけを手切りしたこだわりの豚肉を使用。甘辛いタレで焼きあげます。豚肉と熱々のご飯はお箸が進みますよ。

ポロシリ自然公園オートキャンプ場

北海道帯広市拓成町第2基線2-7
幌尻岳の山麓にあるオートキャンプ場です。公園内にはパークゴルフ場や釣りが楽しめる拓成湖、木工加工が体験出来る体験施設があり、のんびりと過ごせます。夏季(6月〜9月)限定で開かれるので、夏の観光におすすめです。

紫竹ガーデン

北海道帯広市美栄町西4線107
広大な花畑が広がる観光フラワーパークです。なんと当時63歳だった紫竹オーナーが「野の花が咲く野原のような風景を作りたい」と始めたガーデン。今ではガーデンには四季を通して2500種類もの花々が咲き、海外からの観光客も訪れるようになりました。紫竹さんのパワーに花々の美しさに元気がもらえる観光スポットです。

クランベリー本店

北海道帯広市西2条南6丁目
大きなスイートポテトが人気のクランベリーの本店です。スイートポテトに使うサツマイモはもちろん北海道産。余分な砂糖など利用していないため、優しい甘みがしっかりと生かされています。帯広観光のお土産におすすめです。

六花亭本店

北海道帯広市西2条南9丁目6
北海道のお土産としても人気を誇る六花亭。六花亭の本店は帯広に構えており、本店には喫茶室やレストラン、3Fには弘文堂画廊までもあります。レストランでは食事も可能で、十勝強飯定食は帯広本店ならではのレストランメニュー。帯広観光には外せないスポットです。

六花の森

北海道河西郡中札内村常盤西3線 249-6
北海道の銘菓、六花亭の運営するガーデンです。冬季は休業してしまうので、春〜秋ならではの観光スポットです。100,000平方メートルにもなる広大な敷地に十勝六花が咲き、クロアチアから移築した古民家の美術館があります。まるで海外に観光に来た気分になれるかも。都会とは違い、空も広く感じられそうです。

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所

北海道中川郡池田町清見83
帯広から電車で約16分の場所にあるワイン醸造場です。工場の外観はヨーロッパ中世の古城に似ていることから「ワイン城」の名称で親しまれています。冬の厳しい帯広で栽培されたブドウで作られるワインは酸味が特徴のさっぱりしたワイン。ワイン無料試飲コーナーや工場見学もでき、大人の観光にピッタリです。

八千代公共育成牧場

北海道帯広市八千代町西4線187
東京ドーム約210個分もの広大な牧場です。牧場ではのんびり放牧される牛たちに触れ合うこともできます。パークゴルフ場もあって家族みんなで楽しめる観光地です。

おびひろ動物園

北海道帯広市緑ケ丘2
帯広の緑ヶ丘公園内にある動物園です。1日飼育係やワークショップなど月ごとにイベントが開催されており、おびひろ動物園ならではの体験ができます。イベントの開催日は観光前にチェックしてみてくださいね。

タウシュベツ川橋梁

北海道河東郡上士幌町糠平
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁の一つです。8-10月頃には湖底に沈んでしまい、季節の天候によって姿を現したり隠したりすることから「幻の橋」と言われています。バックに見える山々との風景は自然豊かな帯広ならではの絶景です。

豊頃のハルニレの木

北海道中川郡豊頃町幌岡(十勝川左岸)
樹齢130年余にもなる老木です。左右対称に枝分かれしており、夏は木陰が気持ち良いです。人もあまりいないので、帯広の穴場観光スポットといえます。

まっすぐな道

北海道中川郡幕別町
広大な土地を持つ北海道には真っ直ぐに通る道路がたくさんあります。帯広にもそんな真っ直ぐに走る道路があります。道道清水大樹線55号を右折したところに走る道路で、坂道になっていることから数キロ先のまでも見渡せます。まるでジェットコースターに乗って気分になれそうです。ドライブ観光に立ち寄ってみてください。スピードの出し過ぎに注意!

幕別温泉

北海道中川郡幕別町依田
帯広の中心市街地から車で約20分ほどにある温泉街です。幕別温泉にあるパークホテル 悠湯館では世界でも稀少な植物性の温泉「モール温泉」が楽しめます。日帰り入浴料も可能なので、宿泊者でなくとも温泉を満喫できます。

真鍋庭園

北海道帯広市稲田町東2-6
3つのテーマに分かれた、24,000坪にもなる広大な庭園です。日本庭園にヨーロッパガーデン、ドワーフガーデンと植物が生み出すそれぞれの世界観は圧巻です。毎年12月〜4月下旬は休業となってしまうので、春夏秋こその観光スポットです。

北海道立帯広美術館

北海道帯広市緑ケ丘2
十勝・釧路・根室・網走にゆかりのある作家の作品をコレクションしている美術館です。公園内にある美術館なので周辺は緑に囲まれて気分も落ち着きながら美術館賞できます。
このリストを評価する(ログイン不要)
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
今日はどこにお出かけしよう?

休みの日、どうやって過ごそう?見るだけで思わずお出かけしたくなるような、編集部オススメのトピックを紹介します。

2017/01/17 公開