【北海道】時の流れを感じさせる歴史的建造物

昔から残っている歴史的建造物は、時の流れを目で見ることができる唯一の品です。堂々たる風格に心が癒されます。

スポンサーリンク

旧函館区公会堂

北海道函館市元町11番13号

ひときわ目を引く、ブルーグレーとイエローの外観。明治時代の木造洋館は、とても美しいです。重要文化財に指定されているのが、わかりますね。

赤レンガ庁舎(札幌)

北海道札幌市中央区北3条西6丁目

北海道庁旧本庁舎は、赤レンガと呼ばれ、札幌市民から親しまれています。アメリカ風ネオ・バロック様式の建築で、観光名所になっています。

鷲の木遺跡 環状列石

北海道茅部郡森町字鷲ノ木町

鷲ノ木遺跡は、北海道で一番大きなストーンサークルなんですね。環状列石というのは、ストーンサークルのことです。何かの儀式をする場所だったのではないかと、言われています。

鰊御殿とまり

北海道古宇郡泊村大字泊村59-1

当時のニシン漁の繁栄が、ここに行けばわかるかもしれませんね。莫大な富を得ていたと言われる、親方の暮らしなどを、学んでみてはいかがでしょうか。

札幌市時計台(旧札幌農学校演武場)

北海道札幌市中央区北1条西2丁目

バルーンフレーム構造と呼ばれる、素朴な感じの時計台です。昔は、札幌農学校の演武場だったようです。屋根の頂点にある大時計が、印象的です。

琴似屯田兵村兵屋跡

北海道札幌市西区琴似2条5丁目1-12

屯田兵が住んでいた家です。明治7年に建てられたもので、それを昭和47年に復元したそうです。今の家と違う造りを、見学してみては。

幸福駅

北海道帯広市幸福町東1線

恋人の聖地に、選定されています。広尾線は廃線になりましたが、駅舎は今も残されています。幸福を願って、訪れてみましょう。

弁華別小学校

北海道石狩郡当別町弁華別243番地

北海道最古の、現役木造校舎ですね。校舎は昭和12年にできたもので、70年以上の間、たくさんの生徒を送り出してきています。

上砂川炭鉱館(期間限定で開館)

北海道空知郡上砂川町上砂川22

旧・三井砂川炭鉱があった場所です。貴重な炭鉱遺産になりますね。記念館では、当時の作業道具などを、見ることができます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/11/20 公開