【京都】洛中エリアの定番観光スポットをご紹介

どのガイドブックにも必ず載っている、洛中の有名な観光スポット。どこも見逃せないから、順序よくまわりましょう。

スポンサーリンク

下鴨神社

京都府京都市左京区下鴨泉川町59

ユネスコ世界遺産に「古都京都の文化財」として登録されている下鴨神社です。京都の社寺の中でも最も古い歴史ある神社の趣を楽しめます。相生社は縁結びの社としても古くから有名です。

二条城

京都府京都市中京区二条城町541

徳川家康公が築城したといわれる二条城。1994年にユネスコの世界遺産(世界文化遺産)に「古都京都の文化財」として登録されました。平地に建てられた平城として京都では古くから親しまれています。

北野天満宮(北野の天神さん)

京都府京都市上京区馬喰町

菅原道真公(菅公)をおまつりした神社の総本社である北野天満宮は国の重要文化財に指定されています 。道真公は「文道の大祖・風月の本主」と慕われ、学問の神様として全国の受験生たちの信仰を集めています。

京都御所

京都府京都市上京区京都御苑内

京都御所は、古来の内裏の姿を今も残しています。現在の御所は1855年(安政2年)に造営されました。 紫宸殿、清涼殿、小御所、御学問所、御常御殿など平安時代以降の建築様式の移り変わりを楽しめます。

西本願寺

京都府京都市下京区堀川通花屋町下ル

浄土真宗本願寺派の本山である西本願寺は、「古都京都の文化財」として世界遺産にも登録されています。建造物としてはもちろん、『親鸞聖人影像 鏡の御影』など国宝・文化財も納められています。

東本願寺

京都府京都市下京区烏丸通七条上る

浄土真宗真宗大谷派の本山である東本願寺には、宗祖・親鸞聖人の御真影を、阿弥陀堂には阿弥陀如来が安置されています。ギャラリーでは、親鸞聖人に関する史料や東本願寺の法宝物の展示を楽しめます。

本能寺

京都府京都市中京区寺町通御池下る下本能寺前町522

織田信長が明智光秀に討たれた場所として有名な本能寺は、法華宗本門流の大本山です。「本能寺の変」での焼失後、信長の家臣であった豊臣秀吉が現在の場所に移しました。 6月の「信長祭」は多くの人で賑わいます。

相国寺

京都府京都市上京区今出川通烏丸東入

相国寺は、「しょうこくじ」と読み、臨済宗相国寺派大本山です。室町幕府三代将軍の足利義満によって創設され、現存する法堂は一六〇五年に再建されたもので、日本最古の法堂建築として今に伝えられています。

晴明神社

京都府京都市上京区堀川通一条上ル806

平安時代に活躍したとされる陰陽師「安倍晴明公」を祀った神社で、魔除け、厄除けに御利益があると人気です。五芒星が随所に施されています。9月の「清明祭」では多くの人々で賑わいます。

梨木神社

京都府京都市上京区寺町通広小路上ル

三條實萬(さねつむ)・實美(さねとみ)父子を祭神とし、学問の神として多くの信仰を集めています。境内の井戸水「染井の水」は京都三名水の一つです。境内の約500株の萩から別名「萩の宮」とも呼ばれています。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/08/24 公開