【長野】レジャーにおすすめの史跡いろいろ

休日に家族でお出かけするのにもおすすめしたい、信州は長野で見つけた史跡の数々をズラリと並べてみました。

スポンサーリンク

桝形跡

長野県木曽郡南木曽町吾妻

江戸時代の宿場町にあった城塞施設。街道を2度直角に曲げ、外敵が侵入しにくいように作られた。中山道の妻籠宿にもある。

川中島古戦場

長野県長野市小島田町

武田信玄と上杉謙信が戦ったとされる場所。現在では『八幡原史跡公園』となっており、八幡社の境内に銅像や石碑、首塚等がある。

八幡原史跡公園

長野県長野市小島田町1384-1

『川中島の戦い』が最も激しく行われていたとされる場所。神社や芝生広場や池等があり、四季折々の植物を観れる。お花見スポットとしても有名。

旧三笠ホテル

長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1339-342

国の重要文化財に指定。1905年に建設された木造純西洋式ホテル。多くの著名人や文人に愛され『軽井沢の鹿鳴館』と言われていた。設計から完成まで全て日本人が行った。館内見学もOK。

真山家住宅

長野県佐久市望月201-1

国の重要文化財に指定。中山道69次の25番目の望月宿の旅籠『大和屋』を経営していた地元の名主『真山家』の家がある場所。内部の見学は事前に予約を。

旧開智学校

長野県松本市開智2-4-12

国の重要文化財であり、明治時代初期に建てられた洋風の小学校校舎。内部の見学も出来、ガイドさんが色々教えてくれる。松本城から歩いて10分程度。

馬場家住宅

長野県松本市内田357-6

江戸時代末期に建設された物で、国の重要文化財に指定されている。主屋は棟の正面に『雀おどし』という棟飾りを付けている。見学料は大人300円、中学生以下は無料。

三の門

長野県小諸市丁311

小諸城址懐古園の玄関口となっており、二層・寄棟造・瓦葺の門。両袖の塀には矢狭間・鉄砲狭間がある。国の重要文化財に指定。

長野県宝松本市旧司祭館

長野県松本市開智2丁目6番25号

明治時代にフランス人の神父が建築した西洋館であり、外壁はアーリー・アメリカン様式なのが特徴。内部の見学料は無料。松本城から徒歩10分。

井戸尻遺跡

長野県富士見町境

縄文時代中期を中心とする集落遺跡であり、住居や土器等が発掘されている。色々なイベントも行われ、毎年10月には収穫祭を開催している。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2016/01/21 公開