【大分】心の静寂が訪れるお寺めぐりをしてみませんか?

朝から晩まで忙しく働いていると落ち着いた場所へ行きたくなるもの。心に静寂が訪れ気分をリフレッシュするお寺をめぐってみるとまた仕事などの日常生活に覇気が出ます。

スポンサーリンク

長安寺

大分県豊後高田市加礼川

西叡山高山寺が衰微したのに伴って発展した天台宗の古刹です。国指定重要文化財である太郎天・二童子像と銅板法華経を所蔵しています。

佛山寺

大分県由布市湯布院町川上1879

平安時代に創建され、古くから由布岳の山岳信仰の場として親しまれてきた臨済宗の寺院です。予約すれば座禅や写経も体験できます。

羅漢寺

大分県中津市本耶馬渓町跡田1441

羅漢山の中腹に位置する寺院です。インドから来た法道仙人の開基と伝えられています。日本三大五百羅漢の一つに数えられ、多くの観光客で賑わいます。

観音寺の十六羅漢

大分県竹田市竹田寺町

観音寺への参道の石段の右側、自然石の上に並ぶ16体の石像です。石段を登ると国指定重要文化財の「愛染堂」があります。

豊前芝原善光寺

大分県宇佐市下時枝237

信濃、甲府と並ぶ日本三善光寺の一つであり「芝原善光寺」とも呼ばれています。本堂は鎌倉時代の様式で国の重要文化財に指定されています。

竜岩寺

大分県宇佐市院内町大門287

天平18年に行基が開いたといわれる古刹です。阿弥陀如来を中心に不動明王と薬師如来を安置しています。素木造りで国の重要文化財です。

高塚愛宕地蔵尊

大分県日田市天ヶ瀬町馬原

奈良時代に行基が開山したといわれている由緒ある地蔵尊です。願い事なら何でも叶えてくれるという諸願成就にご利益があるといわれています。

松屋寺

大分県速見郡日出町

1607年に初代藩主延俊が建立した木下家の菩提寺です。本堂前の大蘇鉄は樹齢約700年で、国の天然記念物に指定されています。

岩戸寺

大分県国東市国東町岩戸寺1232

養老3年に仁聞菩薩が開いたと伝えられる寺院です。満山寺院の山寺形式をもっともよく残しているといわれています。

安住寺

大分県杵築市大字南杵築379

静かな場所にある禅の古寺です。円爾弁円禅師の開山、木付親重公の開基と伝えられています。大分県指定重要文化財の梵鐘があります。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/02/29 公開