【長崎】見どころ豊富な史跡を堪能しよう♪

お出かけスポットとしても観光スポットとしても良い史跡は、見どころが豊富にあり来た人の心をワクワクさせてくれる場所です。

スポンサーリンク

対馬藩お船江跡

長崎県対馬市厳原町久田740

長崎県の指定史跡となっている、約350年前に造られた対馬藩の藩船を格納するための施設跡です。築堤の石組は当時のものが残っていて、当時の壮大な施設跡を見ることができます。

主藤家住宅

長崎県対馬市厳原町豆酘

19世紀中頃に建築された対馬地方の代表的な農家です。保存状態がよく、典型的な間取りと意匠の素晴らしさで、国指定の重要文化財となっています。

グラバー別邸跡

長崎県長崎市高島町1

長崎を代表する洋式の屋敷跡です。炭鉱開発のためにグラバーが建てた屋敷跡で、ここに6年間住んでいたと伝えられています。現在は公園となっていて、風光明媚なスポットとして人気です。

長崎市亀山社中記念館

長崎県長崎市伊良林2丁目7番24号

亀山社中の跡地に復元された建物で、亀山社中の貴重な資料の展示や、幕末の志士たちの資料などが展示されています。坂本竜馬ファンなら必見のスポットです。

長崎市中の茶屋 清水崑展示館

長崎県長崎市中小島1丁目4-2

カッパの絵で有名な清水崑の原画を所蔵し、そのうち100展ほどが常設展示されています。長崎市の指定史跡で、趣きのある庭園は無料公開されています。お茶会や句会などにもご利用できる施設です。

長岡半太郎屋敷跡

長崎県大村市久原2

地球物理学や原子構造論など世界的物理学者の屋敷跡で、大村市の史跡に指定されている建物です。湯川秀樹や朝永振一郎を教えた学者としても有名です。

キリシタン史跡公園

長崎県南島原市有家町尾上5632

島原の乱の激戦地に近い場所に、島原の乱後350年回忌の記念事業として設置された、キリシタン向けの西洋風の墓地公園です。墓碑は長崎県の文化財に指定されています。

小浜歴史資料館(湯太夫跡)

長崎県雲仙市小浜町北本町923-1

温泉を管理する代官の屋敷が、歴史資料館として再利用されています。小浜温泉の発展に功績を残した、本多湯太夫(代官)の歴史的資料をお楽しみ下さい。

豊砲台跡

長崎県対馬市上対馬町鰐浦

昭和9年に旧陸軍によって設置された砲台跡です。当時の戦艦の主砲を取り付けたといわれていますが、実戦には一度も使われたことがなく、当時の造りがそのまま残っているスポットです。

原の辻遺跡

長崎県壱岐市芦辺町深江鶴亀触1092-1

弥生時代の集落跡で、国の特別史跡に指定されています。登呂遺跡や吉野ヶ里遺跡を含め3つだけの国宝級の遺跡です。日本最古の船着き場としても有名です。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/02/24 公開