【大分】大分の知的スポット、ドライブで訪れてみて

大分のドライブで訪れたい知的スポットをご案内します。歴史を知り自然を知り、大分に生きた人物を知る。知の喜びがいっぱいのスポットです。

スポンサーリンク

猪群山ストーンサークル

大分県豊後高田市臼野

標高458mの猪群山の頂上付近には、円形に配置された巨石のストーンサークルがあります。古代祭儀跡とも伝承されますが未だに確証はありません。古代史ファンなら実際に訪れてみる価値のあるスポットです。

由夛加磯崎ギャラリー

大分県由布市湯布院町川上1266-21

オーナーの磯崎氏手作りの、クヌギの森に囲まれて建つ、白壁土蔵風のギャラリーです。磯崎氏撮影の写真や竹下夢二の絵画などを展示しています。ドライブで近くまで来たらふと立ち寄りたくなるかわいい建物です。

小半鍾乳洞

大分県佐伯市本匠大字小半1530番地5

番匠川の源流の近くにある鍾乳洞です。全長は1700m以上ですが、入口付近の300mのみが観光用に公開されていて、珍しい斜柱石などを見学できます。夏でも涼しく、ドライブの途中で寄りたいスポットです。

関崎海星館

大分県大分市佐賀関4057-419

関崎の突端にある天体観測所で、60cmの反射望遠鏡を一般人でも覗くことができます。宇宙科学に関するミニミュージアムも備えていて退屈しません。夜のドライブでぜひ寄りたいスポットです。

竹田市立歴史資料館

大分県竹田市竹田2083

竹田市の歴史と文化を紹介するミュージアムです。作曲家の瀧廉太郎、彫刻家の朝倉文夫など竹田ゆかりの文化人の資料も見ることができます。竹田地区をドライブで通るときには立ち寄ってみたい場所です。

五百羅漢(東光寺)

大分県宇佐市江須賀1754

干害に苦しむ農民を救うという願いを込めて、1859年から24年間かけて彫られた五百羅漢像で有名なお寺です。表情の異なる羅漢像は見ごたえがあります。ドライブコースにぜひ組み込みたいスポットです。

湯布院二輪車博物館

大分県由布市湯布院町川上1265-1

カワサキの伝説的モデル、メグロを中心としたコレクションがあります。セニア、ジュニアなどヴィンテージ級の二輪車が揃っていてマニアには垂涎のスポットです。湯布院に滞在するなら行ってみたいですね。

堂の迫磨崖仏

大分県豊後高田市大字大岩屋

境内から奥の院に続く参道に、室町時代に彫られた磨崖仏が並んでいます。境内にも磨崖聖徳太子像があり、素朴な鑿跡にかえって力強さを感じます。マイカーで豊後の史跡を巡るなら外せない場所です。

瀧廉太郎記念館

大分県竹田市竹田2120-1

作曲家の瀧廉太郎が、12歳から2年間を過ごした家を使ったミュージアムです。直筆の譜面などの資料が豊富で興味深く見学できます。竹田エリアをドライブするときに、ふと立ち寄りたい場所です。

山頭火ミュージアム 時雨館

大分県由布市湯布院町湯平

湯平温泉を愛した山頭火を記念した資料館です。詩人が好んだ花合野川の近くに、隠れ家のように小さなミュージアムが建っています。湯平に滞在するときには、ぜひ立ち寄ってみたいスポットです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 九州・沖縄エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/08/15 公開