【東京】本の価値が正しく評価される、そんな古本屋の多い街です

学術書や中国関連図書、医学書などの専門書の古書を扱う古本屋さんのご紹介です。もちろん一般図書を取り扱っているお店も。本の価値が、後世にも正しく伝わる文化が育まれているのを感じますね。

スポンサーリンク

鶴本書店

東京都江東区平野3-6-22

中国関係の書籍を主に取り扱う古本屋さん。なかなか見かけることのない貴重な本も揃っておりとても興味深い。

ブックオフ西五反田店

東京都品川区西五反田2-29-5

JR五反田駅からも徒歩ですぐ。夜遅くまで営業しているので会社帰りにも気軽に立ち寄れる。様々なジャンルの古本が揃っている。

相澤書店

東京都文京区千駄木3-29-1

医学、美術史、哲学など学術書を主に取り扱う古本屋さん。江戸、明治時代の貴重な文献などにもめぐり合えることも。

安藤書店

東京都新宿区西早稲田3-14-1

昔ながらの地域密着の古本屋。店内には所狭しと国内外の貴重な書籍が並んでいる。地域のアトム通貨も利用可能。

株式会社バリューブックス

東京都杉並区堀ノ内2-31-16

実店舗を持たずインターネットにより古本の販売をおこなう書店。自分の空いた時間に気軽に書籍を検索し購入できるので便利。

あざぶ本舗

東京都北区東十条3-12-3

昔ながらの地域密着型の古本屋さん。一般書以外にも専門書にも力を入れており貴重な1冊を見つけられることも。

古本ジャンゴ

東京都小金井市中町4丁目14-14-102

武蔵小金井駅から徒歩ですぐ。書籍のほかに映画のパンフレットや雑貨、ジャズのCDなども扱う個性あふれる古本屋。

神田澤口書店

東京都千代田区神田神保町1-7 巌松堂ビル1階

年中無休の古本屋さん。明治、大正時代の古書などジャンルや時代も様々。ゆったりと店内を見回せば気になる1冊に出会えるはず。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/10/25 公開