【宮城】由緒あるお寺を巡って、その歴史をお楽しみ下さい。

宮城県内のお寺のご紹介です。それぞれのお寺に伝わる建立の由来や言い伝え、建築様式の見事さを満喫していただけます。是非お寺巡りをお楽しみ下さい。歴史を肌で感じられるひと時をお過ごしいただけます。

スポンサーリンク

華足寺

宮城県登米市東和町米川小山下2

奥州七観音の一つであり、馬の守護神である馬頭観音堂がある寺院です。春祭の3月19日や秋祭の10月19日には多くの人が訪れます。

香林寺

宮城県柴田郡大河原町金ヶ瀬字台部157

臨済宗建長寺派の寺院です。1525年に寿福寺の南樹法泉によって開山されました。地元の人も多く参拝に訪れるスポットです。

柳津虚空蔵尊

宮城県登米市津山町柳津字大柳津63

国道45号沿いにある高さ10.5m、幅7mの東北一を誇る赤い木製の大鳥居がある寺院です。大勢の参拝客が訪れる人気のパワースポットです。

天麟院

宮城県宮城郡松島町松島字町内51

伊達政宗の正室・愛姫との間に生まれた娘・五郎八姫の菩提寺であり、 陽徳院、円通院と並んで松島の三霊廟に数えられています。

箱泉寺

宮城県石巻市北村字神尾48

宮城県17寺の一つであり、天台宗の開祖・最澄の弟子慈覚大師の開基と伝えられる寺院です。境内には奥州三木と言われるしだれ栗などがあります。

東陽寺

宮城県登米市東和町米谷字越路83

原田甲斐ゆかりの寺です。原田甲斐の首を、裏庭のイチョウの木を目印に密葬したと伝えられています。県内でも有数のパワースポットです。

薬師瑠璃殿

宮城県栗原市築館薬師台1-1

天平宝字4年に孝謙天王の勅願によって開創された寺院です。天台宗の伽藍48坊を構える医王山興福寺と言われています。

定義如来 西方寺

宮城県仙台市青葉区大倉字上下1

一生に一度の大願をかなえてくれる如来様として古来より多くの信者より崇拝されています。縁結びや子授けにもご利益があるとされています。

高蔵寺阿弥陀堂

宮城県柴田郡大河原町字南129-1

平安時代初頭の弘仁10年、徳一大師の創建と伝えられている寺院です。阿弥陀堂は方三間茅葺の宝形造で、宮城県最古の木造建築です。

円龍寺

宮城県柴田郡柴田町大字入間田字寺35

県指定文化財の薬師如来立像と十二神将像がある寺院です。近隣には天然記念物である「雨乞いのイチョウ」などもあります。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北海道・東北エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/11/30 公開