【新潟】新潟の歴史を感じるドライブはいかがですか?

新潟には土地の歴史を感じるスポットがたくさん。かつての人々の住まいや資料をまとめた記念館など、ぜひ訪れてみてください。

スポンサーリンク

北方文化博物館(伊藤邸)

新潟県新潟市江南区沢海2丁目15-25

豪農として知られる伊藤文吉が、明治のころ造らせたという純日本式の大邸宅。かつての隆盛を思い起こさせる総ケヤキの見事な大玄関、いくつもの茶室、樹齢150年以上といわれる藤の大木が訪れる人を迎えます。

五合庵

新潟県燕市国上地内

名僧で知られる良寛が、40代半ばより20年暮らしたという小さな庵。途中再建されたものの素朴なカヤぶきの屋根に必要最小限の居住空間は、民衆に親しまれた良寛の人となりを表すかのようです。

目黒邸

新潟県魚沼市須原892

さかのぼれば伊達政宗とも戦ったという戦国大名に仕えていた目黒家。のちに豪農となりましたが、屋敷の周りにめぐらした石垣にそびえる冠木門の構えは、かつて武士であったころを思わせる佇まいです。

北方文化博物館

新潟県新潟市江南区沢海2-15-25

豪農として知られる伊藤文吉が、明治のころ造らせたという純日本式の大邸宅。かつての栄華を思い起こさせる総ケヤキで仕立てた大玄関やいくつもの茶室、樹齢150年以上といわれる藤の大木が迎えてくれます。

まいづる公園武家屋敷

新潟県村上市庄内町

江戸時代そのままの姿を保つよう移築復元された複数の武家屋敷が配された公園。華美な装飾のない、すっきりとした屋敷を眺めると、在りし日の藩士とその家族たちの暮らしぶりが生き生きと蘇ります。

五十公野御茶屋

新潟県新発田市五十公野字熊ノ沢4926

歴代藩主が参勤交代の際に立ち寄ったという茶寮を擁した由緒ある庭園。眺める場所により様々な景色を楽しむことができる池泉廻遊式庭園で、名庭園との呼び声も高く国指定名勝にもなっています。

千石船の里・公開民家「清九郎の家」

新潟県佐渡市宿根木400

かつて廻船業によって栄えた宿根木を代表する建造物。廻船主であったという清九郎の名を冠した家屋は、中に入ると高価な材木や凝ったつくりのしつらえが見受けられ、当時の隆盛を今に残しています。

燕喜館

新潟県新潟市中央区一番堀通町1番地2 白山公園

大商家である斎藤家が明治時代に建てた邸宅の一部を、白山公園内に移築再建。訪れる人の目にさりげなく映る柱や天井に、今では入手困難となったぜいたくな材木を惜しげなく使い、もてなしの心を今に伝えます。

足軽長屋(新発田)

新潟県新発田市大栄町7-9-32

大名や藩士といった身分の高い武士のお屋敷ではなく、下級武士たちが暮らしていたという珍しい長屋形式の住居です。かやぶきの質素な建物からは、楽ではなかったであろう当時の暮らしがしのばれます。

新発田市旧県知事公舎記念館

新潟県新発田市五十公野4926

明治のころに建てられたという、現存する知事公舎としては最古のものである新潟県知事公舎建物を、移築復元した記念館。公私の用途に応じて洋風和風と建築様式を変えているところが興味深いです。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 北陸・甲信越エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/08/24 公開