【和歌山】和歌山のお寺と神社をめぐるデートが楽しいんです

和歌山の歴史あるお寺と神社を巡るデート。厳かな空気を感じながら神社仏閣をめぐるのはおふたりにとっても良いことかもしれませんね

スポンサーリンク

紀州東照宮

和歌山県和歌山市和歌浦西2丁目1番20号

左甚五郎作が作成された彫刻や、狩野探幽作が描いた襖絵、徳川頼宣と関わりのある南龍大神、徳川家康と関わりのある東照大権現が保管されています。

道成寺

和歌山県日高郡日高川町鐘巻1738

宮という女性の髪の毛にまつわる髪長姫伝説や、安珍と清姫の悲しい物語が伝えられています。国や奈良県から認定されている文化財産がたくさん保管されています。

紀三井寺

和歌山県和歌山市紀三井寺1201

紀三井山金剛宝寺護国院が正式な名称となります。関西地方で最も桜が咲くのが早い事や、吉祥水、清浄水、楊柳水の3つから成り立っている三井水が有名です。

総本山金剛峯寺

和歌山県伊都郡高野町高野山132

高野山は、全部で100ヶ寺を超える寺院が集まっている地域で、金剛峯寺を中心に、歴史や文化財産、信仰などを伝えられています。

藤白神社

和歌山県海南市藤白466番地

藤白若一王子権現や藤代神社、藤白権現と呼ばれ、藤代王子の歴史を伝えられている本堂や、鈴木の苗字を広げたとされる鈴木屋敷が残されています。

日前國懸神宮

和歌山県和歌山市秋月365

國懸神宮や日前神宮の神社が建てられている事から、日前宮や名草宮と呼ばれる事もありますし、元旦から3日には、竈山神社や伊太祁曽神社と共に、この寺院の参拝客が増加する事から、三者参りという言葉もあります。

本覚寺

和歌山県西牟婁郡白浜町瀬戸620

江戸時代から地元の漁師などから集められた、珍しい貝が展示されている貝寺で有名です。特に、珍しい貝としてホンカクジヒガイがあり、大きさが約8cmあり、白っぽい色のでつるつるとしています。

得生寺

和歌山県有田市糸我町中番229

中将姫の寺として有名で、現在では、5歳から12歳までの子供たちが二十五菩薩となり練り歩くという来迎会式が、毎年5月14日に行われています。

施無畏寺

和歌山県有田郡湯浅町栖原

本堂や開山堂、鎮守社など、全ての建物が和歌山県の文化財産として定められています。また、湯浅湾や栖原海岸から続いている参道には、たくさんの桜の木が植えられていて、美しい桜を眺める事が出来ます。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関西エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2013/08/07 公開