【日光】彫刻が見事

日光観光の楽しみの一つは、その彫刻美。絢爛豪華な彫刻建築をお楽しみください。

スポンサーリンク

三猿(見ざる言わざる聞かざる)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮境内の神厩舎に施された彫刻は、「三猿の物語」として猿の一生を描きながら人の生き方を伝えるもの。中でも子供時代を表した三猿の彫刻が有名で、悪いことは「見ざる・言わざる・聞かざる」という意味が込められている。

眠猫

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内、東廻廊潜門の蟇股(かえるまた)にある、うたた寝をする猫の有名な彫刻。猫の裏側には仲良く遊ぶ雀の彫刻があり、猫と雀を合わせて平和を象徴している。江戸初期の名工・左甚五郎の作と伝わる。

夜叉門(輪王寺大猷院)

栃木県日光市山内2300輪王寺内

輪王寺大猷院の象徴的建築ともいえる門。黒漆と金をベースに、独特の雰囲気が印象的。毘陀羅、阿跋摩羅、鍵陀羅、烏摩勒伽といった夜叉たちが門を守っている。欄間には牡丹の花の装飾が施され、牡丹門とも呼ばれる。

唐門(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の本殿・拝殿の正門にあたる門。「許由と巣父(きょゆうとそうほ)」や「舜帝朝見の儀(しゅんていちょうけんのぎ)」などの細かい彫刻が施され見事。

神厩舎(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の上神庫の向かいにある厩舎で、神に仕える馬をつなぐためのもの。素木造りの簡素な建物。長押上には有名な三猿の彫刻が施されている。

陽明門(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の目玉とも言える門で、江戸初期の装飾技術を極めた彫刻が特徴的。12本の円柱が支える高さ約11メートルの門。極彩色の豪華な美しい造りで、日暮れまで見ても飽きないことから日暮門とも呼ばれる。

輪蔵(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内にある、極彩色の彫刻が特徴的な建物。屋根は重層宝形造で二重になっており、軒の裏までかざり金具が施されている。内部には、輪蔵とよばれる八角形の回転式大書架がある。輪蔵には天海版の一切経1456部、6323巻が置かれていた。

三神庫(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮にある上神庫・中神庫・下神庫は総称して三神庫と呼ばれる。この中には「百物揃千人武者行列」で使用される1200人分の馬具や装束類が収められている。また上神庫の屋根下には、東照宮三彫刻の一つである、狩野探幽下絵の「想像の象」の彫刻が施されている。

五重塔(日光東照宮)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の一ノ鳥居のすぐ先にある塔。高さは36メートルで朱塗りの見事なもの。特に初層の十二支の彫刻が素晴らしい。1648年に小浜藩主酒井忠勝公によって奉納され、その後火災にあい、1818年に同藩主の酒井忠進公によって再建された。

日光東照宮

栃木県日光市山内2301

徳川初代将軍徳川家康公を御祭神とする神社。2代将軍秀忠公によって創建された。3代将軍家光公により、寛永の大造替が行われている。その華麗な建築美により世界文化遺産にも登録。極彩色に金箔を使い、精緻な彫刻を施された建築物の数々を見ることができる。国宝は8棟、重要文化財が34棟ある。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
イベント盛りだくさんな12月

寒さも冬本番の今日この頃。12月にはクリスマスに忘年会に年末のセールなどイベントが盛りだくさん。リサーチしてお出かけしましょう♪

2013/02/14 公開