【日光】日光のエンタメスポット

日光観光に出かけたら、こんなエンタメスポットにも寄ってみてはいかがでしょう?

スポンサーリンク

中禅寺湖畔ボートハウス

栃木県日光市中宮祠2485-8

デッキからは中禅寺湖を見渡せるボートハウス。昭和22年に、アメリカのリゾートの建物を参考に建築されたと言われている。

青木橋

栃木県日光市中宮祠

菖蒲ヶ浜から湯滝へと続くハイキングコースの途中に架かっている橋。周囲には高山植物や湿原植物など自然が溢れている。

しゃくなげ橋

栃木県日光市中宮祠

橋の上からは、湯川の独特の流れを見ることができる。湯滝へと向かうハイキングコースの途中にある橋。低公害ハイブリッドバスの停留所もそばにある。

低公害バス

栃木県日光市相生町8-1

環境保護を目的に、国道120号から小田代原へと続く道路は車での乗り入れが禁止されている。その代わりの交通手段として、低公害ハイブリッドバスが用いられている。

半月山展望台

栃木県日光市中宮祠

中禅寺湖を一面に見渡せる展望台。中禅寺湖スカイライン終点から約20分程度上った場所にある。特に紅葉の季節の光景が大変美しい。

山王林道

栃木県日光市

奥日光から奥鬼怒へと続く峠越えの道。林道の周囲の紅葉がとても美しい。冬は通行止めとなる時期があるので注意。

宝物館(二荒山神社)

栃木県日光市中宮祠2484二荒山神社中宮祠

二荒山神社中宮祠の境内に建てられた宝物館。日本一の大太刀「称々切丸」があることで知られている。他に男体山頂祭祀遺跡の出土品、南北朝時代の神輿なども持つ。

三猿(見ざる言わざる聞かざる)

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮境内の神厩舎に施された彫刻は、「三猿の物語」として猿の一生を描きながら人の生き方を伝えるもの。中でも子供時代を表した三猿の彫刻が有名で、悪いことは「見ざる・言わざる・聞かざる」という意味が込められている。

明智平ロープウェイ

栃木県日光市細尾町深沢709-5

明智平駅と明智平展望台駅を結ぶロープウェイ。明智平展望台駅は標高1373メートルの高さに位置する。展望台からは日光の景色の大パノラマを堪能することができる。

六方沢橋

栃木県日光市瀬尾

標高1433m、V字型渓谷の上にかかる逆アーチ型の端で、綺麗な橋の形と渓谷の織りなす景色は必見。霧が出るときは雲の上にかかったような景色を見ることができる。

眠猫

栃木県日光市山内2301日光東照宮内

東照宮の境内、東廻廊潜門の蟇股(かえるまた)にある、うたた寝をする猫の有名な彫刻。猫の裏側には仲良く遊ぶ雀の彫刻があり、猫と雀を合わせて平和を象徴している。江戸初期の名工・左甚五郎の作と伝わる。

二荒霊泉

栃木県日光市山内2307二荒山神社内

二荒山神社神苑内にあり、大きな石で囲まれた霊泉。「薬師霊泉」と「酒の泉」の2つが流れ込んでいる。「薬師霊泉」は恒例山(こうれいざん)の洞窟から湧き、この水を飲むと眼病が治ると言われている。「酒の泉」は天狗沢に湧き出る名水。造り酒屋の人々からの信仰も厚い。

銀嶺

栃木県日光市下鉢石町806

日光市門前通りに位置する染め工房。藍染や革製品などを販売。染めの体験教室もあり(有料、要予約)、藍染めでオリジナルのハンカチを作ることもできる。

光徳牧場

栃木県日光市中宮祠2452

光徳沼の北側に位置する牧場で、敷地面積は約3万平方メートル。年間を通じて牛や馬が放牧され、のんびりとした牧場らしさを楽しむことができる。絞りたての牛乳やアイスクリームも味わえる。

大笹牧場

栃木県日光市瀬尾大笹原3405

霧降高原道路沿いにある、広大な敷地ののどかな観光牧場。牛、ヒツジ、馬、ヤギなどが放牧されている。搾りたての牛乳やソフトクリームも味わえる。

神橋

栃木県日光市上鉢石町

日本の三奇橋のひとつで、鮮やかな朱塗りと金具装飾が特徴のアーチ橋。大谷(だいや)川に架かる。1636年の日光東照宮大造替の際、出羽庄内藩主である酒井忠次が寄進したもの。日光のシンボルとも言われる美しい橋。

いろは坂

栃木県日光市

日光市街から奥日光へと続く道路にある坂で、紅葉や湖、滝の眺めが大変美しい場所。道路には48のカーブがあり、「いろは・・」の名が順に付けられている。

日光杉並木

栃木県日光市

日光東照宮への参道並木として、江戸時代に植樹された杉が約1万3000本も立ち並んでおり、「世界一長い杉並木」としてギネスにも登録されている。日光街道、例幣使街道、会津西街道の三つの街道にまたがっている。

関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 関東エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2016/08/30 更新