【三重】由緒ある素敵なお寺巡りをお楽しみいただけます。

豪商三井家の菩提寺や、伊勢神宮の鬼門を守る役目のお寺など、三重県内の素敵なお寺をご紹介します。それぞれのお寺の建立に至る由来を尋ねて、お寺巡りをお楽しみ下さい。

スポンサーリンク

近長谷寺

三重県多気郡多気町長谷202

『ちかつはせ』と読む。真言宗のお寺。飯高宿禰諸氏が建立したとされている。国指定の重要文化財、『十一面観音立像』を祀っている。

爪切不動尊

三重県志摩市志摩町御座

弘法大師が真言密教を布教するための霊場といわれている。また、自らの爪で自然石に不動明王像を刻んだという伝説が残る。不動尊は絶対秘仏のため未公開。

太江寺

三重県伊勢市二見町江1659

僧行基によって建立されたと伝えられている。伊勢神宮の中に『千手観世音座像』を寄贈したとも言われている。また、ペット供養のお寺としても有名。

来迎寺

三重県松阪市白粉町512

『らいごうじ』と読む。天台真盛宗のお寺。駅から徒歩10分の位置にある。本尊は『阿弥陀如来』であり、国指定の重要文化財『来迎寺本堂』がある。

青峯山正福寺

三重県鳥羽市松尾町519

『あおのみねさんしょうふくじ』と読む。標高336mの青峰山の山頂にあリ、真言宗高野山派の寺。本尊は『鯨にのった観音様』の伝説に登場する黄金の十一面観音菩薩である。

松尾観音寺

三重県伊勢市楠部町松尾山

本山も末寺も檀家も持たず、いずれの既成宗派にも属さない『単立』という特異な形態の祈願寺。高僧『行基』が伊勢神宮参拝の時に観音像を作り創建されたと言われている。

朝熊岳金剛證寺

三重県伊勢市朝熊町548

伊勢神宮の鬼門を守る寺として、『神宮の奥之院』とも言われている。伊勢神宮で参拝する人は初めに、ここで参拝するのが当たり前になっている。

常安寺

三重県鳥羽市鳥羽2丁目

曹洞宗永平寺派の寺。本尊は『釈迦如来坐像』。九鬼守隆が建立したと言われている。九鬼家にちなんだ瓦等が観れる。

鳴谷山 聖宝寺

三重県いなべ市藤原町坂本981

『めいこくさんしょうぼうじ』と読む。臨済宗妙心寺派の禅寺。本尊は『十一面千手観世音菩薩』。秘仏のため、公開はされていない。ペットや人形供養のお寺としても有名。

関連タグ
関連記事
編集部が選ぶ旬のタグ | 東海エリア
いよいよ12月

今年もあとわずか。街にはクリスマスの雰囲気も漂い始めています。12月初めにかけて見られる紅葉のピークも見逃せません。

2015/06/24 公開